カテゴリ «ガイド»

修正:WiFiが自動的に停止しました-Windows10でのIntelAC9560コード10エラー

一部のWindows10ユーザーは、コンピューターがWindows Updateを受信した直後に、システムからWiFiが突然消えることに関する問題について不満を持っています。彼らによると、彼らが問題の原因を見つけようとしているとき、彼らは「インテルワイヤレスAc-9560」ドライバーがデバイスマネージャーで「エラーコード-10」を表示していることを発見しています。同様の問題に直面している場合でも、心配する必要はありません。この記事では、この問題のいくつかの解決策について説明します。それらに従うだけで、問題はすぐに修正されます。ただし、より大きな解決策に進む前に、まずコンピューターでこれらの最初の回避策を試して、問題のより簡単な解決策を試す必要があります。回避策-1.コンピュータで初めて問題が発生した場合は、コンピュータを再起動します。コンピュータを再起動した後、まだ問題が発生していないかどうかを確認してください。2.「ハードシャットダウン」を試してください-システムのハードシャットダウンを実行するには、次の手順に従います-a。コンピュータが完全にシャットダウンするまで、ラップトップ/デスクトップの「電源キー」を押します。次に、ラップトップ/ PCからAC電源アダプターとバッテリーを取り外します。数分後、電源を接続し、バッテリーを再度挿入して、PCの電源を入れます。または、b。電源ケーブ

Chromeでプロファイルエラーが発生する問題(解決済み)

Chromeは、その使いやすさ、機能の範囲、および便利な拡張機能により、おそらくWindows10で最も使用されているWebブラウザーの1つです。ただし、遅れて、ユーザーが標準モードまたはシークレットモードでGoogleChromeを開こうとしたときに奇妙なエラーを報告しています。Chromeを開こうとすると、「プロファイルエラーが発生しました」というエラーメッセージが表示されるようです。このエラーにより、Googleアカウントを使用して再度ログインし、保存されているタブやその他の設定を取得する必要があります。また、新しいChromeシークレットウィンドウを開こうとすると問題が発生します。Chromeを更新して最新バージョンを実行しても、役に立ちません。ただし、同じアカウントを使用して別のコンピューターにログインしても、問題は発生しません。まあ、このエラーにも修正があり、非常に簡単です。Chromeに手間をかけずにアクセスする方法を見てみましょう。ローカルアプリのデータパスを介してChromeで「プロファイルエラーが発生した」問題を修正する方法ステップ1:デスクトップのWindowsアイコンをクリックし、検索フィールドに%localappdata%と入力します。結果をクリックして、ローカルファイルフォルダを開きます。ステップ2:ではローカルファイルfoldeのR、見つけるためにスクロー

Windows10でのApi-ms-win-crt-heap-l1-1-0.dllエラーが修正されました

多くの場合、このエラー「Api-ms-win-crt-heap-l1-1-0.dllがありません」に遭遇する可能性があります。これにより、MS Word、ExcelなどのMicrosoftプログラムを使用できなくなります。技術者でない場合精通している、それはあなたにとってイライラすることができます。Api-ms-win-crt-heap-l1-1-0.dllは、Windows10を含むさまざまなWindowsバージョン用にMrosoftが提供するDLLファイルです。DLLファイルが壊れている場合にもこのエラーが表示されることがあります。また、ゲームをプレイしようとしているときにApi-ms-win-crt-heap-l1-1-0.dllエラーが表示されることがあります。良いことは、このエラーは、不足しているDLLファイルをシステムに追加する

Windows10に最適な15のターミナルエミュレータ

はい、ターミナルエミュレータはまだこの日付に関連しています。エミュレータがテキストコマンドの制御に使用されていた時代がありました。ただし、最近使用されているものは、機能がより高度です。開発者はターミナルエミュレーターを使用してコンピューターへのシェルアクセスを取得しますが、プログラマーはコマンドラインインターフェイスを使用したより有益なアプローチのために基本的なプログラムに使用します。そうは言っても、Windowsには長い間独自のターミナルエミュレーター(コマンドプロンプト)がありましたが、より効率的でより多くの機能を備えたものを探している場合は、サードパーティのターミナルエミュレーターを選択することができます。これは、お客様の要件に合うと思われるWindows用の最高のターミナルエミュレーターの概要です。パテPuTTYは、Windows用の有名な無料のオープンソースSSHおよびTelnetクライアントであり、リモートコンピューターに接続して制御することもできます。より良い言い方をすれば、これはWindows用のターミナルエミュレータであり、rloginネットワークプロトコルのクライアントプログラムとしても機能します。ネットワーク経由でリモートコンピュータを制御する機能を備えており、シリアルコンソールおよびネットワークファイル転送プログラムとしても機能します。特徴:SSH、Telnet

MacOS用のトップ14ベスト無料PuTTY代替品

WindowsからMacOSへの移行は素晴らしい経験ですが、Windowsでの使用に慣れている場合は、MacでのPuTTYシステムを見逃すことになります。あなたがシステム管理者であろうとウェブサイトの所有者であろうと、それは私たちのほとんどが生涯に少なくとも一度は使用したことのある一般的なアプリケーションです。PuTTYは、別のコンピューターからログを記録することにより、同じネットワークを介してファイルを転送するのに役立つ無料のターミナルエミュレーターです。インターネット経由でもアクセスできます。SCPとSFTPを追加することで、ファイル転送機能を保護できます。PuTTYの最大の関心事はセキュリティですが、SSHと組み合わせて使用​​することで検証と暗号化を追加できます。これは、インターネット上の接続を保護するのに役立ちます。多くの熱心なユーザーはまだPuTTYの使用を好みますが、最近Macに移行した人にとっては難しいかもしれません。だから、ここにあなたの人生を楽にすることができると私たちが考えるMacOSのための最高のPuTTY代替品のいくつかの簡単なリストがあります。ターミナルこれは、MacOSに組み込まれているデフォルトのターミナルエミュレータです。これは、コマンドラインに分解するのに役立つ素晴らしいツールです。そのため、複数のサーバーにログインしている場合は、プロファイルに記載

解決しました!ERR_NAME_NOT_RESOLVED:サーバーが見つかりませんでしたエラー

ERR_NAME_NOT_RESOLVED:サーバーが見つかりませんでした DNSサーバーの設定が原因でエラーが発生することがよくあります。 DNSサーバーが何であるかをすでに知っているかもしれません。簡単にブラッシュアップできます。ウェブサイトが英語のような自然言語であれば、人間がウェブサイトのアドレスを覚えるのは非常に簡単です。しかし、コンピューターに関してはそうではありません。理解できる言語で話されれば、効率的に仕事をすることができます。しかし、人間がコンピューターの言語を使用することが期待される場合、それは多くのエラーにつながります。では、解決策は何ですか?人間に人間の言語で物事を伝えさせ、コンピューターにコンピューター言語で物事を伝えさせましょう。人間とコンピューターの間にいる小さな翻訳者がこれを可能にします。それはどのように聞こえますか?それはまさにDNSサーバーが行うことです。ドメインネームサーバー(DNS)は、入力したWebサイトの名前を解決します。コンピュータが理解できるIPアドレスに。しかし、DNSサーバーにはエラーがないわけではありません。それらは時々失敗します、そしてそれはあなたのブラウザがあなたが要求したウェブページを表示するのが難しいと感じてそしてそれが投げることによってこの状況についてあなたに通知するときですERR_NAME_NOT_RESOLVED:サー

Windows10のOutlookでハイパーリンクが機能しない問題を修正する

多くのユーザーが、電子メールで送信されたハイパーリンクを開くことができないという問題を報告しています。さらに調査したところ、この問題はメールサーバーではなくMSOutlookアプリに固有のものであることが判明しました。ただし、このケースは分離できます。システムのデフォルトのブラウザからメールを開いてみてください。そこでうまく機能する場合、問題はMS Outlookデスクトップアプリケーション自体にあります。そうでない場合は、ブラウザまたはメールにあります。ブラウザでも動作しない場合は、別のブラウザまたは別のシステムで開いてみてください。ハイパーリンクのある他のメールをチェックしてみてください。信頼性の低いメールサーバー上にない限り、おそらく機能するはずです。 問題の背後にある原因は多数ある可能性があるため、問題の可能性をすべて順番に切り分けて削除するトラブルシューティングを行います。 修正1-レジストリキーの編集1. Windows 10検索ボックスでCMDを検索し、右クリックして管理者として実行2.次に、コマンドプロンプトウィンドウで次のコマンドを1つずつ実行します。REG ADD HKEY_CURRENT_USER \ Software \ Classes \ .htm / ve / d htmlfile / f REG ADD HKEY_CURRENT_USER \ Softwa

Windows 10フィックスでPCの電源がオフになっているため、一部の更新プログラムをインストールできませんでした

Windows Updateは、再起動時にシステムにインストールされます。 Windowsの更新中にシステムを強制的にシャットダウンすると、更新プログラムがシステムに正しくインストールされません。さらに、コンピューターを再起動すると、「PCの電源がオフになっているため、一部の更新プログラムをインストールできませんでした」というメッセージが表示されます。この問題を解決するには、コンピューターでこれらの解決策に従いますが、先に進む前に、これらの回避策を実行して、問題のより簡単な解決策をいくつか試してください。回避策-1。通常のWindowsUpdateプロセスを完了するには、システムを再起動する必要があります。コンピュータを再起動して、機能するかどうかを確認します。2.コンピュータでウイルス対策を使用している場合は、一時的に無効にして、システムを更新できるかどうかを確認します。これらの簡単なトリックのいずれかがうまくいかなかった場合は、これらの解決策に従ってください-修正-1SoftwareDistributionフォルダーの内容を削除する-1.Windowsキー+ Rを押して実行を起動します。2.「cmd」と入力し、Ctrl + Shift + Enterを同時に押します。ユーザーアカウント制御によってプロンプトが表示されたら、「はい」をクリックします。コマンドプロンプトウィンドウが管理

Windows10のメモリ管理BSODエラーを簡単に修正する方法

マイクロソフトは何年もの間、忠実なWindowsユーザーに本当に役立ってきましたが、恐ろしいメモリ管理エラーでさえ恐ろしいBSOD(ブルースクリーンオブデス)を経験すると、まったく役に立たなくなります。このエラーの背後には多くの理由が考えられますが、幸いなことに、この厄介な状況を回避し、Windows 10PCを楽しく使い続ける方法があります。では、このBSODエラーをどのように修正しますか?方法を調べてみましょう。コントロールパネルを介してWindows10のメモリ管理BSODエラーを修正する方法ステップ1:あなたが表示されたら死メモリ管理エラーのブルースクリーンを、単に再起動し、あなたのPCを、押してF8をすぐにボタンを、とでシステムを起動セーフモード。ステップ2:では、デスクトップ、をクリックしてウィンドウのアイコン、入力コントロールパネルの検索ボックスとヒットで入力します。結果をクリックします。ステップ3:ではコントロールパネルウィンドウで、をクリックして[管理ツール。手順4: [管理ツール]ウィンドウのペインの右側で、[ Windowsメモリ診断]オプションを見つけてダブルクリックします。手順5:Windowsのメモリプロンプトが開き、2つの選択肢があります。今すぐ再起動して問題を確認し(推奨)、次にコンピュータを起動したときに問題を確認します。前のオプションを選択して、コン

Windows10の検索バーに入力できない問題を修正

Windows 10の検索ボックスに入力できない場合は、あなただけではありません。多くのユーザーがこの問題に直面しています。ただし、この問題には簡単な修正があるため、心配する必要はありません。ファイアウォールが無効になっている場合は、修正を試みる前に、ファイアウォールを有効にしてみてください。一部のユーザーの場合、これで問題が修正されました。修正1-RUNコマンドボックスの使用1.ウィンドウキー+ Rキーを一緒に押してRUNを開きます。2.  C:\ Windows \ system32 \ ctfmon.exeを書き込み、[OK]をクリックします。これで問題が解決した場合は、ctfmon.exeがPCで実行されていなかったことを意味します。その場合、1つのことを行います:-1.キーボードからWindowsキー+ Rを同時に押します。2.そこにtaskschd.msc と入力し、[OK]をクリックします。3.左側のメニューで次の場所を参照します。Microsoft> Windows> TextServicesFramework4.次に、右側でMsCtfMonitorを右クリックし、[有効にする]を選択します。修正2–Powershell

修正Windows10で完了するには再起動が必要なシステム修復が保留中です

SFCスキャンは、ハードドライブの問題を見つけて解決するのに役立ちます。ただし、SFCスキャンを実行しようとすると、次のエラーが発生することがあります。完了するには再起動が必要なシステム修復が保留中です。Windowsを再起動し、SFCスキャンを再度実行します。エラーで指定されているように、システムを再起動するとエラーはなくなります。ただし、常に発生するとは限りません。原因実行されるべきだったいくつかのコマンドはスタックしたままで、SFCスキャンプロセスを妨害します。システムを再起動するだけでは実行されず、問題が発生します。この問題を解決するには、次の手順を試してください。解決策1] Windowsを更新する場合によっては、WindowsUpdateの延期によってこの問題が発生することがあります。この問題を解決するには、Windowsを更新してみてください。解決策2]ドライバーを更新するドライバ(特にグラフィックドライバ)を更新すると、問題が解決する場合があります。ドライバーを更新する手順は次のとおりです。解決策3]コマンドプロンプトの使用エラーメッセージが繰り返し表示される理由は、プロセスが保留状態でスタックしているためです。コマンドプロンプトを使用して、プロセスに関連するフォルダーを削除することができます。1] Win + Rを押して、実行ウィンドウを開きます。コマンドcmdを入力

ブルースクリーンの問題を修正するのに役立つ4つのベストブルースクリーンオブデス(BSOD)分析ツール

システムでの作業中にブルースクリーンを経験したことがありますか?すべてではないにしても、私たちのほとんどはこれをいつか経験したに違いありません。これは、進行中のセッションの最中にシステムがクラッシュし、保存されていないファイルが部分的または完全に失われる原因となる、システムで最も恐れられているエラーの1つです。クラッシュは、メモリやマザーボードなどのエラーを含むハードウェアまたはソフトウェアの障害が原因で発生する可能性があります。ただし、ソフトウェアの障害が原因でクラッシュが発生した場合は、時間がかかる可能性のある技術者の支援を求める代わりに、専用のツールを使用してエラーを修正します。これは、問題の原因となっているソフトウェアをすばやく検出することでBSoDエラーを修正するのに役立ついくつかの最高のツールのクイックリストです。BlueScreenViewこれは、ブルースクリーンが原因でシステムが突然動作を停止するたびに生成される小さなメモリダンプファイルをチェックして読み取るのに役立つように特別に開発されました。特徴:システムで自動的にチェックが実行され、すべてのクラッシュに関連する詳細と、動作を停止した時間が1つのテーブルに小さなメモリダンプファイルの形式で表示されます。また、ブルースクリーンの背後にある理由である可能性のあるドライバーとプロセッサーに関連するさまざまな詳細も表示され

Windows10でネットワーク上の他のコンピューターを表示できません

一部のWindows10ユーザーは、ネットワーク上に他のコンピューターが表示されないことに不満を持っています。あなたがあなたの側で同じ問題に直面している場合は、あなたのコンピュータでこれらの解決策に従ってください。修正-1ネットワーク検出をオンにする[注:「プライベート」ネットワークのみを使用している場合は、この設定を変更することをお勧めします]1.実行ウィンドウを開くには、Windowsキー+ Eを押す必要があります。2.このコントロールパネルのコマンドをコピーして貼り付け、Enterキーを押す必要があります。control.exe / name Microsoft.NetworkAndSharingCenter3.次に、左側にある[高度な共有の変更]をクリックします。詳細共有設定ウィンドウが開きます。3.次に、このウィンドウで[ネットワーク検出をオンにする]をクリックしてから、[ファイルとプリンターの共有をオンにする]をクリックします。4.この後、「変更を保存」をクリックします。完了したら、コントロールパネルウィンドウを閉じます。ネットワーク上の他のコンピューターを表示できるか

Windows10でMTPが機能しない問題を修正

MTPまたはメディア転送プロトコルを使用すると、AndroidモバイルデバイスおよびPCとの間でマルチメディアファイルを転送できます。ただし、MTPが機能しない場合もあります。MTPの問題が発生し、Windows10でMTPが機能しなくなる可能性のあるさまざまな方法があります。携帯電話が接続を確立できない場合や、携帯電話とPC間の接続が正常に確立された後でもMTPが機能しない場合があります。また、Windows 10でMTPが機能しないという問題に直面していますか?さまざまなアプローチを適用してこの問題を解決しようとしているので、一緒に読んでください。Windows10で機能しないMTPを修正する方法ソリューションに進む前に、確認する必要のある特定の事項があります。お使いの携帯電話はMTPと互換性がありますか?お使いの携帯電話で初めてMTPを使用しようとしていますか?AndroidデバイスがMTPをサポートしているかどうかを確認する必要があります。最近のほとんどの電話はそうですが、電話が少し古い場合は、MTPの互換性を確認する必要があります。あなたは電話のマニュアルをチェックするか、単にあなたのモバイルモデルでグーグル検索をして同じことをチェックすることができます。別のポートまたはケーブルを試してください。場合によっては、ポートの障害またはUSBケーブルの障害が原因で問題が発生すること

WindowsインストーラーがWindows10で機能しない問題を修正

Windowsに機能やアプリケーションをどのようにインストールするのか疑問に思ったことはありませんか?さて、すべてのインストールの背後にあるのはWindowsインストーラーサービスです。ただし、それでもクラッシュすることがあるため、アプリケーションのインストール中にエラーが発生します。Windowsインストーラーが突然壊れた場合、インストールプロセスまたはアプリのアップグレードが途中でスタックします。同じ問題に対して、「Windowsインストーラサービスにアクセスできませんでした」、「このWindowsインストーラパッケージに問題があります」、「インストールパッケージを開くことができませんでした」など、さまざまな種類のエラーコードが表示される場合があります。ただし、エラーを効果的に解決するのに役立つ修正がいくつかあるため、心配する必要はありません。彼女のやり方です。方法1:タスクマネージャーを使用してWindows10でWindowsインストーラーが正しく機能しない問題を修正する方法ステップ1:タスクバーを右クリックし、コンテキストメニューから[タスクマネージャー]を選択します。ステップ2:ではタスクマネージャのウィンドウ上でクリックするサービスタブ。次に、下にスクロールしてmsiserverを探し、それを選択します。これはWindowsインストーラーサービスです。ステップ3:msis

SkypeマイクがWindows10で機能しない問題を修正

Skypeは、Windowsに最適なビデオチャットおよびビデオソフトウェアです。WindowsコンピュータでSkypeを使用して友人、親戚、同僚などにビデオ通話を行う人は何百万人もいます。Skypeはすばらしいソフトウェアですが、マイクが機能しない場合があり、マイク接続がないとビデオの意味がありません。コール。この問題は非常に煩わしいと思いますが、私たちがお手伝いしますのでご安心ください。Skypeで機能していないマイクを修正し、ビデオ通話をシームレスに続行できるソリューションをいくつか集めました。解決策1-Skypeにマイクの許可があることを確認しますWindows 10には、コンピューター内の任意のプログラムでマイクを無効または有効にできる特別なプライバシーセクションがあります。Skypeのマイクの許可をオフにしたか、そもそも許可を与えていない可能性があります。いずれにせよ、以下のプロセスに従って、Skypeにマイクの許可があるかどうかを確認してください。ステップ1– Windowsメニューから[設定]を開きます(左側の歯車アイコン)。ステップ2–プライバシー設定を開き、左側のメニューから[マイク ]を選択します。ステップ3 –Skypeのステータスがオンになっていることを確認します。これで、Skypeにマイクの使用が許可されたので、準備は完了です。Skypeから誰かに電

修正:Windows10を右クリックするとファイルエクスプローラーがクラッシュする

ファイルエクスプローラーがコンピューター上でフリーズまたはクラッシュし、どうすればよいかわからない場合は、この記事の修正に従うだけで、問題はすぐに解決されます。ただし、主な解決策に進む前に、まずこれらの回避策を実行して、問題のより簡単な解決策を試す必要があります-初期の回避策–1.コンピュータを再起動して、問題が解決するかどうかを確認します。2.コンピュータで管理者アカウントを使用しているかどうかを確認し、使用していない場合は、管理者アカウントを使用してログインし、問題が引き続き発生するかどうかを確認します。これらの回避策のいずれかがうまくいかなかった場合は、これらの解決策を選択してください-修正-1ShellExViewを使用して問題の原因を検出します-シェル拡張機能は、主にWindows自体によってインストールおよび管理されます。ただし、一部のサードパーティアプリケーションは、独自のシェル拡張機能をコンピュータにインス

MsWordのメモリまたはディスク容量が不足しています。要求されたフォント修正を表示できません

毎日Wordを使用してドキュメントを作成すると、「メモリまたはディスク容量が不足しています。」というエラーが発生する場合があります。要求されたフォント「」を表示できません。また、余分なウィンドウをシャットダウンして再試行するように求める同様のエラーが表示されたり、RAMまたはハードドライブの空き容量が十分にあるにもかかわらず、システムメモリが不足していることを示す詳細なメッセージが表示される場合もあります。システムのRAMの空き容量を再確認するか、Wordオプションをリセットすることもできますが、容量の問題がない場合は、簡単な修正を試してこれを完全に解決することもできます。その方法をお見せしましょう。「メモリ不足またはディスク容量不足」の修正方法。アプリデータを使用してWordで「要求されたフォントを表示できません」エラーステップ1:デスクトップの[スタート]ボタンをクリックし、検索ボックスに「%appdata%」と入力して、宛先のファイルフォルダーを開きます。ステップ2:ではAPPDATA >ローミング上のフォルダ>をダブルクリックして、Microsoftのフォルダを。ステップ3:では、Microsoftのフォルダ>をダブルクリックしてテンプレートフォルダ。ステップ4:フォルダメニューの下で、ウィンドウの上部にある[共有]タブの横にある[表示]タブをクリックします。

Windows10用のトップ12ベストフォトリサイザー

画像は視覚的なインパクトを生み出すため、最近のすべてのオンラインビジネスの重要な側面です。最近では、ブログやWebサイトに新鮮な外観の適切なサイズの写真を用意することが優先事項になっています。高品質の写真は、ブログ、記事、さらに言えば、あらゆるWebサイトコンテンツの全体的な外観を瞬時に向上させます。したがって、写真を適切に編集することが重要です。写真のサイズ変更は最も重要な側面の1つですが、正しい比率を得るには、写真のサイズ変更アプリの支援が必要になります。最良の部分は、これらのアプリを使用するために特別なスキルや事前の経験は必要ないということです。これらは使いやすいアプリで、インターネット上で簡単に入手でき、写真をぎこちなく見せることなくサイズを変更できます。ただし、そのようなアプリはオンラインで入手できるものが多いため、自分に最適なアプリを選ぶのは難しい場合があります。写真を低解像度に縮小したり、サイズ効率の良いより良い形式に変更したりするのに役立つ、Windows用の最高の写真リサイザーのいくつかを次に示します。Windowsによる画像リサイザーこれは、画像のサイズをすばやく簡単に変更できるWindowsネイティブアプリです。画像ファイルを開き、スライダーを引いて(画像の幅を手動で追加することもできます)、画像のサイズ変更を完了するだけです。画像のサイズを一度に変更できるだけで

修正:Windows10でNVIDIAインストーラーが失敗したエラー

一部のNVIDIAユーザーは、コンピューターでNVIDIAドライバーをアップグレードしようとしたときに問題が発生したと報告しています。アップグレードプロセスが完了していないため、「NVIDIAインストーラーが失敗しました」というエラーメッセージが表示されます。これは通常、古い/互換性のないドライバーがユーザーのコンピューターにインストールされているために発生します。同じ問題に直面している場合でも、心配する必要はありません。デバイスでこれらの修正を試みるだけで、問題はすぐに解決します。ただし、修正を行う前に、これらの最初の回避策を試し、問題が解決したかどうかを確認してください-初期の回避策–1.コンピューターを再起動します。ここで、NVIDIAドライバーを再度更新して、問題が解決しないかどうかを確認します。2.一時的に、システムのウイルス対策とファイアウォールを無効にします。ここで、ドライバーを再度更新してみてください。それでもエラーメッセージが表示される場合は、この修正を行ってください-修正-1NVIDIAプロセスを終了し、NVIDIAフォルダーを削除します-1. Ctrl + Shift + Enterを押して、タスクマネージャーを開きます。2.ここで、[プロセス]タブで下にスクロールすると、システムで実行されているNVIDIAプロセス(「NVIDIAコンテナ」プロセスなど)が表示さ

Windows10で付箋が機能しない問題を修正

付箋は、すばやくメモをとったり、後で何かをするようにリマインダーを設定したりする場合に非常に便利です。しかし、付箋紙は、さまざまなバグや不具合のためにあなたの生活を困難にすることがあります。この記事では、付箋のこれらのタイプの問題の大部分を修正する方法について説明します。付箋に問題が発生した場合(付箋が開かない、しばらくすると停止するなど)、これらの簡単な修正を試してみてください。問題はすぐに解決されます。修正-1付箋の修復-付箋を失うことなく問題を修正したい場合は、付箋を修復するのが最適なオプションです。1.Windowsキー+ Iを押して、[設定] ウィンドウを開きます。「アプリ」をクリックします。2. [設定]ウィンドウで、[設定]の左側のペインにある[アプリと機能]をクリックします。3.次に、[設定]ウィンドウの右側を下にスクロールし、検索ボックスに「付箋」と入力します。 付箋が検索結果に表示されます。4.「付箋」をクリックして選択し、「詳細オプション」をクリックします。5.付箋 設定ウィンドウで下にスクロールし、[修復]をクリックして付箋を修復します。このプロセスには1分ほどかかりますので、しばらくお待ちください。設定ウィンドウを閉じます。付箋を開き、新しいメモを作成してみます。それでも問題が解決しない場合は、次の修正に進んでください。修正-2P

修正:グループポリシークライアントサービスがWindows10のログオンエラーに失敗しました

一部のWindows10ユーザーは、「グループポリシークライアントサービスがログオンに失敗しました」というエラーメッセージをスローしているWindows 10デバイスにログインできないため、フォーラムの問題について不満を持っています。同じ状況にある場合でも、心配する必要はありません。この記事の修正に従うだけで、問題は非常に簡単に解決されます。ただし、主な解決策に進む前に、これらの回避策を試してください-回避策-1.コンピュータを再起動して、問題が解決するかどうかを確認します。2.コンピューターで保留中のWindows更新プログラムがあるかどうかを確認します。これらの回避策のいずれかで問題が解決しなかった場合は、これらの修正を行ってください-修正-1高速起動を無効にする-ターニング高速起動、コンピュータ上の「off」は、この問題を解決することがあります。1.実行ウィンドウにアクセスするには、「Windowsキー+ R」を押します。2.実行後、このコマンドをコピーして貼り付け、Enterキーを押します。control.exe powercfg.cpl ,, 33. [電源オプション] ウィンドウの左側で、[電源ボタンの機能を選択してください]をクリックします。4.次に、「現在使用できない設定の変更」をクリックします。5.次に、[シャットダ

Windows10でのオーディオ/サウンドポップの修正

多くのWindows10および7ユーザーは、オーディオ出力デバイスから発生するポップサウンドのインシデントの報告を開始しています。この同じ問題に直面している場合でも、心配する必要はありません。この問題は簡単に修正できます。それを修正する方法を知りたいですか?これは、このWindows10のオーディオポップの問題に対する簡単な修正です。修正1-プロセッサ使用率を100%に設定ドライバーの問題により、スピーカーやヘッドホンからポップ音が聞こえる可能性があります。ドライバーを更新するには:1)スタートメニューボタンをクリックし、左ペインから歯車アイコンをクリックします。あなたの設定ページが開きます。2)システムを示す最初のタイルをクリックします。3)左側のペインから[電源とスリープ]をクリックします。4)下にスクロールして、[追加の電源設定]をクリックします。5)電源プランのプラン設定の変更をクリックします。6)高度な電源設定を選択します7)下にスクロールして、[プロセッサの電源管理]セクションを展開し、[最小プロセッサ状態]も展開します。最小プロセッサー状態を100%に変更し、設定を適用します。8)今すぐオーディオ出力デバイスをテストします。それでもポップ音が聞こえる場合は、このガイドを読み続けてください。修正2–高速起動を無効にする1.Windowsキー+ Rを同時に押して実行を開きます

Windows10でラップトップスピーカーのパチパチという音を修正する方法

Windows 10 PCのスピーカーの音量は、音楽、オーディオファイル、ビデオサイトの再生、ビジュアルの作成など、日常のアクティビティで重要な役割を果たします。あなたは単にそれが常にうまく機能することを望んでいます。ただし、ボリュームコントロールにも問題があります。たとえば、突然パチパチという音や不快なバックグラウンドディストーション音が聞こえる場合があります。この問題は簡単に修正できます。Windows10ラップトップのパチパチという音を修正する方法は次のとおりです。方法1:サウンドコントロールパネルを介してWindows10でラップトップスピーカーのパチパチという音を修正する方法ステップ1:をクリックしてスタート、デスクトップ上のボタン>  [設定](上方に位置する電源オプション)。ステップ2:では設定ウィンドウ]> [システム。ステップ3:次へ>をクリックしてサウンド右側>に>ペインの左側にある関連設定>をクリックしてサウンドコントロールパネル。ステップ3:ではサウンドウィンドウ>再生]タブ> [選択スピーカー>をクリックしてくださいプロパティ。ステップ4:ではスピーカーのプロパティ]ウィンドウ>をクリックしてエンハンスメント]タブ>のチェックを外し無効にすべての機能強化>適用されます。 

Windows10でのVLCプレーヤーのクラッシュと遅延の問題を修正

VLCプレーヤーは、最近最も人気のあるオーディオおよびビデオプレーヤーの1つです。それはほとんどすべてのファイル形式をサポートします、そして最も良い部分はそれが無料であるということです。ただし、突然クラッシュしたり、速度が遅れたり、コンテンツがスキップされたりするなど、独自の問題が発生します。これは、特にお気に入りのコンテンツを再生しているときに煩わしい場合があります。この投稿では、この問題を修正し、お気に入りのコンテンツを中断することなく視聴し続ける方法を紹介します。方法1:ファイルキャッシュを使用するステップ1:VLC MediaPlayer >ツール>設定を開きます。ステップ2:高度な環境設定ウィンドウ>ウィンドウの左下には>の横のラジオボタンをクリックしてすべての上に、左側に>表示設定>スクロールダウン>をクリック/入力コーデックを。ステップ3:ウィンドウの右側>下にスクロール>詳細>ファイルキャッシュ(ミリ秒) >値を300から600に変更> [保存]をクリックします。これにより、VLC MediaPlayerのスキップとラグの問題が修正されます。問題が解決しない場合は、2番目の方法を試してください。方法2:入力/コーデック設定を使用してWindows10でVLCプレーヤーのスキップと遅延の問題を修正する

Windows 10PCのYouTubeビデオで音が出ない問題を修正

YouTubeで動画をストリーミングしたいのに、YouTubeに音が出ない場合は、非常にイライラします。あなたがこの問題に直面しているなら、あなたは一人ではありません。Windows 10ユーザーの多くは、同じ種類の問題について不平を言っています。「YouTubeに音が出ない」というこの問題は、サウンドドライバーの障害が原因で発生するか、単に古いAdobeFlashプレーヤーが原因である可能性があります。だから、理由を脇に置いて修正に行きましょう-初期回避策-修正のために移動する前に、システムで以下のチェックを試みてください-1.YouTubeを開いたブラウザを閉じます。数秒待ってから、ブラウザウィンドウを再度開きます。YouTubeを開いて、音がするかどうかを確認します。2.サウンドシステムがコンピュータの他の場所で機能しているかどうかを確認します(Grooveミュージックで曲を再生しようとしているときなど)。他のアプリケーションで正常に機能している場合は、修正を行ってください。3.外部スピーカーを使用している場合は、スピーカーの接続を確認してください。この問題が初めて発生する場合は、コンピュータを再起動して、問題が解決したかどうかを確認する必要があります。それでもYouTubeに音が出ない場合は、これらの修正を行ってください-修正-1サウンドカードドライバーを更新するYouTube

Windows10でアプリケーションのアフィニティを設定する方法

Windows 10でアプリケーションのアフィニティを設定する方法:–シングルコアプロセッサとマルチコアプロセッサのどちらを使用しているかは、実際には問題ではありません。重要なのは、プロセッサの使用率が常に効率的になるようにプログラムを設定する方法です。プロセッサがクアッドコアである場合を考えてみましょう。 1つのアプリケーションを4つのコアすべてで同時に実行できます。ただし、心配しないでください。この問題は、CPU上のアプリケーションのアフィニティを設定することで簡単に解決できます。これは単に、選択に応じてプロセッサコアを特定のタスクに実際に割り当てることができることを意味します。どのプロセッサコアがどのタスクを実行するかなどを決定できます。システムをスキャンするウイルス対策ソフトウェアの場合、システム全体の速度が低下していることに気付くことがよくあります。これは、プロセッサのすべてのコアがこの単一のアプリケーションの実行でビジー状態になっている可能性があるためである可能性があります。読む、アフィニティ割り当てを通じてプロセッサコアを効率的に利用することにより、システムパフォーマンスを最大化する方法を学びます。また読む: – Windows 10PCブートを超高速にする方法ステップ1まず、タスクバーで空のスペースを見つけて右クリックします。表示されるメニューから、タスクマネージャーと

18 WindowsPC用の無料のConnectify代替品

Connectifyの18の無料の代替手段:–最も人気のある仮想インターネット共有ソフトウェアであるWindowsPC用のConnectifyの紹介は必要ありません。コンピューターをWiFiルーターに変えることで、複数のデバイス(スマートフォン、タブレットなど)間でインターネット接続を簡単に共有できるだけでなく、ファイル共有、ディスパッチなどの多くの高度な機能も提供します。Connectifyは、ワイヤレスホットスポットのカテゴリではほぼ一般的な名前ですが、Windows7の「VirtualWiFiTechnology」などの新しい概念はすでに浸透しています。このテクノロジを使用すると、サードパーティのホットスポットアプリケーションを必要とせずに、Windows7または8/10コンピュータをポータブルホットスポットに変換できます。この組み込みWiFiを使用することは完全にスムーズなプロセスではないかもしれませんが、確かに他のホットスポットメーカーに拡張機能を考え出すことを強いる競争を引き起こしました。ただし、Connectifyは比類のない機能を備えた最高のWiFiホットスポットソフトウェアであるにもかかわらず、機能が制限された無料の「ライト」バージョンであり、PROバージョンとMAXバージョンの高価格(それぞれ35ドルと50ドルから)は多くの人を強いています代替案を探すために。さらに

Windows10でオーディオサービスが応答しない問題を修正

Windows 10を使用していて、Audio Services Not Respondingというエラーメッセージが表示された場合は、この記事のように、Audio Services Not Respondingの問題を修正するための100%動作する方法をまとめたので心配する必要はありません。修正1-サービスマネージャーの使用1.Windowsキー+ Rを同時に押して実行を開きます。2.次に、services.mscを書き込み、[ OK ]をクリックします。3.次に、リストからWindowsオーディオサービスを見つけます。Windowsオーディオ サービスを右クリックし、[プロパティ]を選択します。4.サービスが実行中であり、スタートアップの種類が自動に設定されていることを確認

Windows10でAltTabキーが機能しない問題を修正

2つのキーボードボタンalt + tabの組み合わせは、Windows10で開いている複数のタブを簡単に切り替えるのに役立ちます。多くのユーザーがこの問題に直面しており、ここにいくつかの簡単な修正があります。修正-1レジストリの変更-これらの簡単な手順に従ってレジストリを変更すると、問題はすぐに解決されます。注–メインの修正に進む前に、コンピューターにレジストリのバックアップを作成することを強くお勧めします。レジストリエディタを開いた後、「ファイル」>「エクスポート」をクリックしてバックアップを作成します。問題が発生した場合は、バックアップをインポートするだけでレジストリを簡単に取得できます。1. Windowsアイコンの横にある検索ボックスをクリックして「regedit」と入力し、「レジストリエディタ」をクリックしてレジストリエディタウィンドウを開きます。2.レジストリエディタウィンドウで、左側でこの場所に移動します-Computer \ HKEY_CURRENT_USER \ Control Panel \ Desktop3.次に、右側で「ForegroundLockTimeout」をダブルクリックして変更します。4. [ DWORD(32ビット)値の編集]ウィンドウで、基数の「10進数」を選択します。5.「値データ:」を「0」に設定します。6.「OK」をクリックして、変更を

修正-Windows10のExplorer.exeで使用されているフォルダーを削除できません

コンピュータから何かを削除しようとしても削除できない場合があり、「削除できません。削除できません。」というエラーメッセージがポップアップ表示されます。フォルダはExplorer.exeで使用されています。最初にエクスプローラプロセスを停止しない限り、ディレクトリを完全に削除することはできません。最初にこれらの簡単なプロセスに従ってエクスプローラープロセスを停止し、次にコマンドプロンプトからファイルを削除します。修正-1CMDコマンドを使用してフォルダを削除します-Explorerプロセスを終了し、コマンドプロンプトからフォルダーを削除します。1.まず、Windowsキー+ Eを押してファイルエクスプローラーにアクセスします。2. [ファイルエクスプローラー]ウィンドウが表示されたら、問題のあるフォルダーに移動します。3.アドレスバーからファイルパスを書き留めます。4.Windowsアイコンの横にある検索ボックスで「cmd」を検索します。5.次に、昇格した検索結果で「コマンドプロンプト」を右クリックし、「管理者として実行」を選択する必要があります。6.コマンドプロンプトウィンドウを最小化します。後で使用します。7.ここで、Windowsキー+ Rを押して、実行ウィンドウを開きます。8.リソースモニターを開くには、 入力するかコピーして貼り付け 、Enterキーを押しま

修正-Windows10のエラーコード0xc000012f

エラーメッセージが表示されていますか?画像が不良です。コンピュータ画面のエラーコード-0xc000012f '?このエラーコードは通常、コンピュータで間違った形式の画像ファイルを開こうとするとポップアップします。Visual Studioファイルが破損しているとこの問題が発生するため、Visual Studioをアンインストールして再インストールすると、コンピューターでこの問題が修正されます。修正-1古いDLLファイルを削除する-コンピュータから古いDLLファイルを削除し、新しいファイルに置き換えると、問題が解決する場合があります。1.Windowsキー+ Rを押して実行を起動します。2. System32フォルダーにアクセスするには、この行を[ファイル名を指定して実行]ウィンドウにコピーして貼り付け、Enterキーを押します。 C:\ Windows \ System323. System32フォルダーが表示されたら、下にスクロールして「msvcp140.dll」を見つけます。4. 「msvcp140.dll」ファイルを右クリックし、「削除」をクリックします。*ファイルを削除した後、ファイルエクスプローラーウィンドウを閉じます。5.Windowsキー+ Rを押して、実行ウィンドウを起動します。6.ここで、「msinfo32」と入力し、Enterキーを押します。  

Windows10でのCredSSP暗号化Oracle修復エラーを修正

リモートデスクトッププロトコル(RDP)を使用してリモートデスクトップに接続しているときに、「認証エラーが発生しました。」というエラーメッセージがコンピューターに表示される場合があります。これは、CredSSP暗号化オラクル修復が原因である可能性があります。このエラーステートメントは、ポリシー設定が間違っているか、レジストリの問題が破損しているために表示されます。これと同様の問題が発生した場合は、次の修正に従って問題を解決してください。修正-グループポリシー設定の調整-コンピューターのグループポリシー設定を調整して、問題を修正します。1.Windowsキー+ Rを同時に押して、コンピューターの[実行]ウィンドウを開きます。2. [実行]ウィンドウで、「gpedit.msc」と入力します。次に、[ OK ]をクリックして、ローカルグループポリシーエディターを開きます。3. [ローカルグループポリシーエディター]ウィンドウが開いたら、左側でここに移動します-ユーザー構成>管理用テンプレート>システム>資格情報の委任 4.右側で、下にスクロールし、「EncryptionOracleRemediation」を ダブルクリック して変更します。6.ここで、設定を「有効」に設定して、ポリシーを有効にします。7.同様に、「保護レベル」を「脆弱性」に設定

プロシージャのエントリポイントがダイナミックリンクライブラリに見つかりませんでした:修正

ゲームを開こうとしたり、Adobe Photoshopにアクセスしようとしたりすると、「エントリポイントが見つかりません、プロシージャのエントリポイントがダイナミックリンクライブラリに見つかりませんでした」というエラーが発生することがよくあります。このエラーは、主にアプリケーションがDLLライブラリを見つけられない場合に発生します。また、dllファイルが破損している、dllファイルが見つからない、指定されたパスにない、設定ファイルやドライバが破損している、または設定が正しくないなどの理由でエラーが発生する場合もあります。アプリケーションのアンインストールと再インストール、現在のバージョンへの更新、またはシステムの復元を行うと、エラーを取り除くのに役立つ場合がありますが、必ずしも問題が解決するとは限りません。幸い、このエラーを修正する方法はいくつかあります。方法を見てみましょう。方法1:DLLファイルをインストールするステップ1:以下のリンクをクリックして、DLLファイルのMicrosoft公式ダウンロードページを開きます。//www.microsoft.com/en-us/download/details.aspx?id=48145赤字のダウンロードリンクをクリックします。ステップ2:次に、システムタイプ(32ビット/ 64ビット)に基づいてダウンロードファイルを選択し、[次へ]をクリ

修正:最初の起動フェーズエラーでインストールに失敗しました

Windows 10をインストールしようとしたり、既存のWindowsを更新しようとしたりするときに、「最初の起動フェーズでインストールに失敗しました」というエラーが発生した場合は、あなただけではありません。Windows 10ユーザーの多くは、同じ問題に直面していると報告しています。コンピューターにこのメッセージが表示されている場合、コンピューターへのWindowsのインストールは停止され、「Windows10をインストールできませんでした」というメッセージが表示されます。これらのエラーに直面している場合、この問題は同様です-0x80070004 – 0x3000DFIRST_BOOTフェーズでインストールが失敗し、MIGRATE_DATE操作中にエラーが発生しました。0xC1900101 – 0x30018FIRST_BOOTフェーズでインストールが失敗し、SYSPREP操作中にエラーが発生しました。0xC1900101-0x30017FIRST_BOOTフェーズでインストールが失敗し、BOOT操作中にエラーが発生しました。これらのエラーは、コンピューターのレジストリが正しく構成されていないか、ハードドライブの容量が不足しているために発生します。これらの修正に従うことで、これらのエラーを解決できます-コンピューターの復元ポイントを作成してください。問題が発生した場合は、システムの復

Windows10で「エラー1316。指定されたアカウントはすでに存在します」の問題を修正する方法

特定のプログラムをインストールしようとすると、Windows 10PCに「エラー1316。指定されたアカウントは既に存在します」というエラーメッセージが表示されます。特に自分の仕事に関連する重要なものをインストールしたい場合は、コアにイライラする可能性があります。ただし、幸いなことに、このエラーは修正でき、プログラムを手間をかけずにインストールし続けることができます。方法を見てみましょう。方法1:レジストリエディタを使用する手順1:キーボードのWindowsキー+ Rを同時に押して、[ファイル名を指定して実行]コマンドを開きます。次に、検索フィールドにregeditと入力し、Enterキーを押します。手順2: [レジストリエディタ]ウィンドウで、次のパスに移動します。HKEY_LOCAL_MACHINE \ SOFTWAREインストールしようとしているプログラムをソフトウェアキーで検索します。たとえば、Techsmith Snagitをインストールしようとしていますが、インストールできないため、Techsmithのエントリを選択し、右クリックして[削除]ボタンをクリックします。ステップ3:ただし、ソフトウェアキーの下にプログラムが見つからない場合は、以下のパスに移動します。HKEY_LOCAL_MACHINE \ SOFTWARE \ WOW6432Nodeまたは、ソフトウェアキーの下

更新せずにWindows10PCをシャットダウンする方法

Windows 10の更新により、システムとセキュリティパッチが最新の状態に保たれ、機能が更新されることがあります。ただし、PCをシャットダウンまたは再起動するときに、Windowsが更新を強制し始めると、事態は本当に神経質になる可能性があります。後で更新したい場合は、[更新してシャットダウン]または[更新して再起動]をクリックするしかありません。幸い、更新プログラムをインストールせずにWindows 10PCをシャットダウンするのに役立つ方法がいくつかあります。方法を見てみましょう。方法1:コマンドプロンプトを使用するステップ1:デスクトップの[スタート]ボタンをクリックし、検索フィールドに「コマンドプロンプト」と入力します。結果を右クリックし、[管理者として実行]を選択して、管理者モードでコマンドプロンプトを開きます。ステップ2:以下のコマンドを実行し、Enterキーを押します。シャットダウン/ pこれにより、更新せずにPCがシャットダウンされますが、更新されない場合は、2番目の方法を試すことができます。方法2:コマンドプロンプトを使用してソフトウェア配布更新フォルダーを削除するこれは、ダウンロードしたすべての更新を保存するWindowsディレクトリです。更新せずにPCをシャットダウンするには、このフォルダーにダウンロードされたすべての更新を削除する必要があります。ステップ1:フォ

修正-Windows10のエラーコード0xc000000d

Windows 10コンピューターの起動中にエラーコード0xc000000dが表示されますか?エラーコードが表示されている場合は、Windowsブートドライブに問題があります。心配しないでください。ブート構成データ(BCD)を再構築することで、この問題を簡単に解決できます。いくつかのコマンドを実行する必要がある場合は、この修正に従ってください。問題はすぐに解決します。注–このような場合、コンピュータに致命的な欠陥が発生すると、  自動修復ウィンドウが自動的にポップアップします。ただし、自動修復が自動的に開かない場合は、手動でウィンドウを開く必要があります-1.最初のステップとして、コンピューターの電源が完全にオフになっていることを確認します。2.次に、電源キーを押してコンピューターを起動し、画面に製造元のロゴ(Dell、HPなど)が表示されたら、電源キーを4〜5秒間押し続けます。3.この開始プロセス(強制シャットダウン)を少なくとも2回繰り返します。3回目は、コンピューターを正常に起動します。あなたは、表示されます自動修復ウィンドウを。修正-BCDディレクトリを再構築します-コンピューターでBCDを再構築すると、問題が修正されます。1.最初に、「詳細オプション」をクリックする必要があります。2.その後、「トラブルシューティング」オプションをクリックします。3.次に、「詳細オプ

修正:Windows10で診断ポリシーサービスが実行されていないエラー

一部のWindows10ユーザーは、コンピューター上のネットワークアダプターのトラブルシューティングプロセスに関するフォーラムの問題について報告しています。コンピューターのトラブルシューティングツールが、「診断ポリシーサービスが実行されていません」というエラーを検出しています。今、あなたがあなたの側で同じ問題に直面していて、あなたがあなたの問題の解決策を見つけようとしているなら、あなたは正しい場所にいます。このエラーは通常、コンピューターの診断ポリシーサービス(DPS)の中断が原因で発生します。これらの修正に従って、コンピューターの問題を修正してください。しかし、より大きなソリューションに進む前に、最初にこの回避策を試して、いくつかのより単純なソリューションで問題を修正するためのいくつかの回避策を試す必要があります-回避策–1.コンピューターを再起動します。再起動中に多くのサービスが自動的に再起動されるため、診断ポリシーサービスも再起動されます。2. WindowsUpdateが保留中であるかどうかを確認します。コンピューターで保留中の(またはダウンロード中の)更新がある場合は、それをインストールしてコンピューターを再起動します。エラーがまだ存在するかどうかを確認します。これらの回避策のいずれかがうまくいかなかった場合は、これらの解決策を選択してください-修正-1ネットワークサービスに

修正:X3DAudio1_7.dllがWindows10でエラーを見逃している

「X3DAudio1_7.dllがコンピューターにないため、プログラムを開始できません。」エラーは通常、コンピュータにX3DAudio1_7.dllがないために発生します。このdllファイルはMicrosoftDirectXの一部です。コンピュータでこの問題を解決するには、次の手順に従います。修正-DirectXの最新バージョンをインストールします-コンピューターの問題を解決するために、最新バージョンのDirectXをコンピューターにダウンロードしてインストールします。1.DirectXエンドユーザーランタイムWebインストーラーの最新バージョンをダウンロードします。コンピューター上の場所を選択して、セットアップファイルを保存します。2.コンピューターのダウンロード場所に移動します。3 。次に、「dxwebsetup」をダブルクリックします。4. [ Microsoft(R)DirectX(R)のインストール]ウィンドウで、[契約に同意します]をクリックします。5.「次へ」をクリックして変更を保存します。インストーラーに最新バージョンのDirect(X)をインストールさせます。6.「完了」をクリックして、変更をコンピューターに保存します。コンピュータを再起動して、変更をコンピュータに保存します。コンピュータを再起動した後、アプリケーションまたはゲー

Ctrl AltDelがWindows10で機能しない問題を修正(解決済み)

Ctrl + Alt + Delを使用して、[セキュリティオプション]ウィンドウを開きます。このページのオプションを使用すると、ユーザーはパスワードの変更、システムのログアウト、シャットダウン、または再起動を行ったり、タスクマネージャーにアクセスしたりできます。それ以外の場合、これらのオプションはすべてシステムで使用できますが、[セキュリティオプション]ウィンドウの目的は、コンピューターがフリーズして他に何も機能しない場合に、これらの緊急オプションにアクセスすることです。[セキュリティオプション]ウィンドウが機能しなくなった場合、システムが正常に機能していればすぐには緊急ではない可能性がありますが、できるだけ早く解決する必要があります。必要なときにセキュリティオプションウィンドウにアクセスできなくなった場合、フリーズしたシステムを処理する唯一の方法は、システムの電源を切ることです。これにより、ハードウェアが損傷したり、データが失われたりする可能性があります。原因問題の背後にある原因はたくさんある可能性があります。既知の原因の1つは、システムに影響を与えるマルウェアです。キーボードも故障している可能性があります。この問題を解決するために、次のトラブルシューティングを段階的に試行します。注:–タスクマネージャーを開こうとしていて、CTRL + ALT + DEL画面で見つからない場合は、キ

DVD / CDドライブを解決する方法がWindows10で検出されない

現代では、ストレージデバイスは日々進歩しているため、データを保存するテクノロジーも向上しています。この時代では、CD / DVDの使用量は、スペース容量が少なく、メモリ処理速度が低く、さらに多くの欠点があるため、日々減少しています。ただし、一部のハードウェアのセットアップファイルをインストールする場合、またはBlu-rayムービーを再生する場合は、コンピューターのDVDドライブがプロセスの重要な部分になります。エクスプローラーでDVDドライブが見つからない場合は、DVDを実行できません。多くの理由でこの問題が発生する可能性がありますが、ほとんどの場合、ドライバファイルが破損しているか、ファームウェアが古くなっています。心配しないでください。問題を解決するために利用できる修正があります。ただし、ソリューションに移行する前に、これらの最初の回避策を試してください。初期の回避策–1.コンピューターを再起動します。再起動後、DVDを挿入し、DVDドライブを検出できるかどうかを確認します。2.デバイスの[タスクマネージャー]ウィンドウからファイルエクスプローラーを再起動します。3.使用するDVDを別のコンピューターで実行して、確認することを忘れないでください。4. Windows10を最新バージョンに更新します。それでもコンピュータでDVDドライバを表示できない場合は、これらの修正を行ってくださ

16最高のホワイトボードアニメーションソフトウェア

私たちは皆、YouTube、有益なプレゼンテーション、またはテレビコマーシャルでこれらのホワイトボードアニメーションを見るのが大好きです。これらのアニメーションは、主にメッセージを適切な方法で視聴者に提示および伝達する方法により、さまざまな業界で使用されています。ただし、見事なアニメーションプレゼンテーションの作成には多くの苦痛が伴います。一方、従来のプレゼンテーションは、聴衆にとって単調である可能性があります。ホワイトボードアニメーションは、プレゼンテーションに活気を与えるための優れた方法です。しかし、企業がこれらのビデオを作成するためにアニメーションの専門家を雇うかどうか疑問に思っているなら、それは真実からほど遠いです。漫画家がホワイトボードに描くのを見るのは単に満足のいくものですが、アニメーションや特殊文字を作成に追加するには、ホワイトボードアニメーションソフトウェアが必要になります。はい、ホワイトボードアニメーションビデオを時間の問題で始めるのに役立つそのようなプログラムはたくさんあります。何よりも、これらのプログラムは機能が満載で、包括的なニーズを満たし、さまざまな価格で利用できます。これらのアニメーションビデオやプレゼンテーションを作成するのに最も効果的なホワイトボードアニメーションソフトウェアの概要を次に示します。VideoScribeVideoScribeは、独自のホワ

PC用の10の最高のカーデザインソフトウェア

あなたがデザイナーであろうとエンジニアであろうと、CADソフトウェアはあなたがフィネスで3Dモデルを開発するために必要なものです。同様に、自動車を設計するためのCADソフトウェアが必要です。これらのソフトウェアプログラムは、建設ドキュメントの青写真を作成したり、デザインアイデアを見つけたり、フォトリアリスティックな描写を使用してコンセプトを想像したりするのに役立ち、デザインが実際にどのように機能するかを示します。自動車業界が3Dモデリングソフトウェアを最大限に活用していることを考えると、自動車の設計や製造にも使用されています。新しい車を製造するための車を設計するのに役立つソフトウェアツールをいくつか紹介します。AutoCAD Revit LT SuiteAutoCADのRevitLT Suiteを使用すると、3DBIMソフトウェアを使用して建築設計のレベルを上げることができます。自動車部品を簡単に集めるのに役立つ3D設計用の便利なツールのセットが付属しています。これは、比較してソフトウェアが大幅に簡素化されているために可能です。特徴:3D正投影または見通しを作成できます。デザインのレビューは自動的に更新されます。設計ファイルを構造化して最新の状態に保ちます。建物コンポーネントのスケジュールを自動的に構成します。見積もりに役立つ材料の量を確認します。他のRevit製品を使用している人とフ

修正-1つ以上のネットワークプロトコルが欠落している/ Windows10でWindowsソケットレジストリエントリが欠落している

ネットワークに接続できず、「1つ以上のネットワークプロトコルがありません」または「Windowsソケットレジストリエントリがありません」というエラーメッセージがネットワーク診断を実行しようとしたときに表示される場合でも、心配する必要はありません。この問題は、システムのネットワーク設定が不適切なために発生している可能性があります。初期の回避策–1.すべてのネットワークケーブルが正しく接続されていないか確認します。コンピュータからイーサネットケーブルを抜き、再度差し込みます。ネットワーク接続を確認してください。2.ルーターを使用している場合は、ルーターを再起動して、もう一度接続してみてください。これらの簡単なトリックのいずれかがまったく役に立たない場合は、これらの修正を行ってください-修正-1NetBios overTCP設定を無効にする-NetBios over TCP設定を無効にすると、多くのユーザーに役立ちます。1.Windowsキー+ Rを押すだけで、実行ウィンドウが開きます。2. [ネットワーク接続]ウィンドウを開きます。「ncpa.cpl」と入力し、Enterキーを押します。3.次

Windows10でDVDが再生されない問題を修正

マイクロソフトは常に、あらゆる面でWindowsをユーザーフレンドリーにするよう努めています。Windows10はその明確な例です。微調整された古い機能に加えて、たくさんの新機能があります。しかし、彼らはそれからかなりの数の機能も削除しました。Windows7またはWindows8 / 8.1でDVDを再生したことがある場合は、そのDVDにWindows MediaCenterがあることに気付いたかもしれません。ええと、それはWindows 10には含まれていません。今日、CDやDVDを使用する人はあまりいないことはわかっていますが、少なくともオプションが必要です。Microsoftは、Windows8およびWindows10からDVDの組み込みサポートを削除しました。Windows8でもビデオDVDを再生できます。W

Windows10 / 8/7の「スピーカーまたはヘッドホンが接続されていない」問題を修正

Windowsでは、スピーカーやヘッドホンを3.5 mmジャックに接続しても、音が出ないことがあります。このエラーは、スピーカーで音楽を楽しみたいだけなのに、スピーカーでオーディオを再生できないため、非常に厄介です。しかし、私たちがあなたをカバーしてくれたことを心配しないでください。スピーカーとヘッドフォンに関する問題を解決するいくつかの方法があります。解決策1–オーディオドライバーをアンインストールするステップ1- Windowsボタンを右クリックしてデバイスマネージャを選択します。ステップ2– [デバイスマネージャー]ウィンドウを開き、サウンド、ビデオ、およびゲームコントローラーを見つけます。ステップ3–リストからオーディオデバイス(つまり、Realtek High Definition Audio)を選択し、右クリックメニューから[プロパティ]を開きます。ステップ4– [ドライバー]タブに移動し、[アンインストール]をクリックします。プロセスが終了したら、デバイスを再起動します。オーディオドライバが再度インストールされ、問題が解決します。この方法がうまくいかなかった場合は、オーディオドライバを更新してみてください。解決策2–オーディオドライバーを更新するスピーカー/ヘッドホンが機能しない問題は、コンピューターの古いドライバーが原因である可能性があります。この問題は、オーディオドラ

修正:Windows10ではPCが1分間のループエラーで自動的に再起動します

コンピュータに「PCは1分で自動的に再起動します。Windowsで問題が発生したため、再起動する必要があります。今すぐこのメッセージを閉じて作業を保存する必要があります。」というエラーメッセージが表示される場合。「、心配する必要はありません。このメッセージは、通常のWindows Updateプロセスを完了するためにユーザーに表示される場合があります(アップグレードプロセスを完了するには、コンピューターを再起動する必要があるため)。ただし、このメッセージが繰り返し表示され、コンピュータが1分間の再起動ループで継続的に再起動し続ける場合は、問題について心配する必要があります。コンピュータでこれらの解決策を試してみてください。そうすれば、問題はすぐに解決されます。ただし、主な解決策に進む前に、これらの回避策を実行して、問題のより簡単な解決策を試すことをお勧めします。回避策–1.コンピュータを手動で再起動します。問題の原因が一時ファイルである場合は、単純な再起動で問題を解決する必要があります。2.コンピューターのウイルス対策とファイアウォールを一時的に無効にします。コンピュータを再起動し、再起動後、コンピュータが1分間のループで再起動するかどうかを確認します。これらの回避策のいずれかがうまくいかなかった場合は、次の解決策を選択してください-修正-1コンピュータをクリーンブート-1.Windo

Windows10をスリープ解除モードに設定する方法

スリープモードでは、PCは低電力消費状態になり、ディスプレイをオフにして、スリープモードと呼ばれる状態になります。PCでの作業を再開したり、任意のキーまたはマウスを押してPCをウェイクアップしたりできます。通常、PCがスリープモードになるデフォルトの時間は15分に設定されています。バッテリーと電力損失を節約する便利なプロセスですが、インターネット経由で大きなファイルをダウンロードしていて、スリープモードによるインターネット接続の損失によりダウンロードが中断する場合は、問題が発生する可能性があります。これらの場合、PCアクティビティが中断されないようにするには、スリープモードをオフにすることをお勧めします。Windows10でスリープモードを無効にする方法を見てみましょう。また読む:Windows10を修正する数分間操作がないとスリープ状態になる Windows10でスリープモードを無効にする方法手順1 – Windowsキー+ iを押して設定パネルを開きます。または、Windowsアイコンをクリックしてから、設定をクリックします。ステップ2–ポップアップしたシステムパネルで、システムをクリックしますステップ3– 次に、左側のメニューパネルで、[電源とスリープ]をクリックします。ステップ4–スリープセクションの右側で、タイミングオプションをクリックし、ドロップダウンか

Windows 10でWindowsUpdate 1903が60〜70%でフリーズする問題を修正

Windowsは2019年5月21日に多くの新機能を備えたWindowsUpdate 1903をリリースしました。しかし、多くのユーザーはまだ更新プログラムを受け取っておらず、Windowsを更新しようとすると、60〜70%でスタックします。同じ問題に直面し、問題の解決策を見つけている場合は、適切な場所にいます。この問題がユーザーに発生する理由はたくさんありますが、大多数のユーザーにとって、これはWindowsUpdateのバグです。Windows設定アプリケーションからWindowsUpdate 1903を正常にインストールできない場合は、次の簡単な解決策に従ってください。この投稿は、Windows Update 1903に関連する問題を考慮して書かれていますが、これらの修正は、将来のWindows 10Updateでも機能します。ただし、修正を進める前に、まず、これらの最初の回避策を試してください。初期の回避策-1.設定アプリケーションからWindowsUpdateを確認します。Windowsキー+ Iを押すだけで設定アプリケーションにアクセスできます。2. WindowsUpdateの設定を確認します。これらの試みのいずれかで問題が解決しない場合は、これらの解決策を選択してください。修正-1MachineKeyフォルダの内容を削除する-一部のユーザーは、セーフモードでC:ドライブ

修正:ファイルまたはフォルダーのコピーエラー:Windows10での不特定のエラー

あるドライブから別のドライブにファイルまたはフォルダーをコピーして貼り付けることは、Windows 10で最も簡単でエラーのないプロセスです。しかし、コンピューターでこの主要なWindows 10の更新を受信した後、ユーザーはコンピューターでのファイル/フォルダーの転送に関して特有の問題を経験しています。あるドライブから別のドライブにファイルまたはフォルダーをコピーして貼り付けようとすると、「ファイルまたはフォルダーのコピー中にエラーが発生しました:不特定のエラー」というエラーメッセージが表示されます。このエラーは通常、一連の.dllファイルがコンピューターから登録解除されたときに発生します。あなたがあなたの側でこれと同じ種類の問題を経験しているならば、心配する必要はありません。利用可能な修正があり、それらに従うと、この問題を簡単に解決できます。ただし、解決策を進める前に、まずこれらの回避策を試して、問題のより簡単な解決策を試す必要があります。回避策-1.別のファイルまたはファイルタイプをコピーして貼り付けます。このファイルを問題なく転送できる場合は、前のファイル自体にいくつかの問題があります。そうしないと、同じ種類の問題が再び発生する場合、この問題の原因となっているソフトウェアの問題がいくつかあります。2.コンピュータでこの問題が初めて発生した場合は、再起動するだけで問題を解決できま

タスクバーのサウンドアイコンがWindows10で機能しない問題を修正

多くのユーザーが、音量/サウンドアイコンをクリックしたときに機能しないという問題を投稿しています。このバグの被害者でもある場合は、この問題を解決するための実用的な解決策があります。修正1-ファイルエクスプローラーを再起動します1. Ctrl + Shift + Escを押して、タスクマネージャーを開きます。2.次に、Windowsエクスプローラーを見つけ、右クリックして[タスクの終了]を選択します。3. [ファイル]> [新しいタスクの実行]に移動します4.その中にexplorer.exeを書き込み、[ OK ]をクリックします。修正2–オーディオのトラブルシューティング1.Windowsキー+ Iを同時に押して設定を開きます。2. [更新とセキュリティ]

修正:Windows10でオンスクリーンキーボードが機能しない

オンスクリーンキーボードは、Windows 10のコンピューターの簡単操作機能の1つです。オンスクリーンキーボードを使用していて、オンスクリーンキーボードでいくつかの問題が発生している場合は、適切な場所にいます。主な解決策に進む前に、最小限の労力で問題を解決できるこれらの初期回避策を試すことができます。ユーザーは主にこれらの以下の問題について報告しています-1.オンスクリーンキーボードが入力されない–この問題が発生している場合は、コンピューターでキーボードトラブルシューティングを実行してみてください。2.キーボードとオンスクリーンキーボードが機能しない– コンピューターで必要なサービスが実行されているかどうかを確認できます(修正6)。3.オンスクリーンキーボードWindows10を起動できませんでした–この問題が発生している場合は、「タッチキーボードと手書きパネル」サービスが実行されていることを確認してください。(修正-6)4. Windows 10オンスクリーン キーボードが機能しないログイン– ログイン中にタッチスクリーンキーボードが機能しない場合は、Windowsのインストールが破損し

「エラー1500。別のインストールが進行中です」Windows10

Windows 10の エラー1500は、インストール失敗エラーです。このエラーは、PCに新しいプログラムまたはソフトウェアをインストールしようとしたときに発生する可能性があります。PCにインストールが行われていない場合でも、このエラーが予期せず表示される場合があります。表示されるエラーは次のとおりです。「エラー1500。別のインストールが進行中です。これを続行する前に、そのインストールを完了する必要があります。エラー1500別のインストールが進行中であるプログラムは、以前のPCにインストールされていたとき、通常のショー。これは、インストールが途中で中止された場合、またはインストールが完了した場合でも発生する可能性があります。次の記事では、このエラーを取り除くのに役立ついくつかの本物の方法について説明します。これにより、手間をかけずにPCにプログラムをインストールできます。Windows10で「エラー1500。別のインストールが進行中です」を修正する方法は次のとおりです。コンピュータのエラー1500を解決するのに役立つさまざまな方法があります。まず、問題を解決するためにPCを再起動するだけです。PCの再起動は標準的な手順であり、問​​題が解決する場合と解決しない場合があります。もしそうなら、それからすべてうまくそして良い。ただし、再起動しても問題が解決しない場合、または当面P

Windows10でのMicrosoftWordWinWord.exeアプリケーションエラーの修正

Microsoft Wordは、最も使用されているテキストエディタの1つです。アプリケーションの実行可能ファイル名はWinWord.exeです。多くのユーザーから、アプリケーションを開こうとすると、次のエラーが発生することが報告されています。アプリケーションを正しく起動できませんでした(0xc0000715)。[OK]をクリックしてアプリケーションを閉じます。この問題は、MicrosoftWordファイルがプロファイル内の電子メールに添付されている場合にもMicrosoftOutlookで発生します。Microsoftは問題を修正するためのアップデートを開始しましたが、スイートに関連付けられている.dllファイルがすでに破損している場合は機能しません。原因問題の背後にある原因は次のとおりです。1]ユーザープロファイルの問題。2]オフィススイートが破損しました。3]一部のサードパーティのウイルス対策ソフトウェアがプロセスを妨害している可能性があります。4]システム内のマルウェアまたはウイルス。5] MicrosoftOfficeスイートにファイルがありません。解決策1] WinWordプロセスを再起動しますアプリケーションを開くことができない理由は、前のセッションが完了しなかったために終了する場合があります。1] CTRL + ALT + DELを押して[セキュリティオプション]ウィンド

修正-デバイスマネージャーがWindows10の管理者によってブロックされている

デバイスマネージャは、コンピュータ上のすべてのデバイスを1か所から管理するためのユーティリティプログラムです。管理者によってブロックされているためにコンピューター上のデバイスマネージャーにアクセスできない場合は、次の簡単な手順に従うだけで、デバイスマネージャーをもう一度使用できます。ただし、メインの修正に進む前に、システムの復元ポイントを作成することを強くお勧めします。何か問題が発生した場合でも、コンピュータを同じ場所に簡単に復元できます。復元ポイントの作成方法がわからない場合は、Windows10で復元ポイントを作成する方法を参照してください。注:–一部のユーザーは次のように報告しています 修正1-非表示の管理者アカウントを有効にするWindows10で非表示の管理者アカウントを有効にしてみてください。1. Windows10の検索ボックスでcmdを検索します。2.右クリックして、[管理者として実行]をクリックします。3.以下のコマンドをコピーして貼り付け、Enterキーを押して実行します。ネットユーザー管理者/ active:yesその後、再試行してください。修正-2システムプロパティからデバイスマネージャを開く-システムのプロパティからデバイスマネージャを開こうとします。1.Windowsキー+ Rを押して、コンピューターで[ファイル名を指定して実行]ウィンドウを起動し

Windows10のこのコンピューターでWindowsワイヤレスサービスが実行されていない問題を修正する

ユーザーがインターネットにアクセスできず、次のエラーメッセージが表示される場合があります。このコンピューターではWindowsワイヤレスサービスが実行されていません。注目すべき事実の1つは、このエラーステートメントがワイヤレスネットワークを指していることです。したがって、この事実を検証すれば、この問題のかなりの部分を切り分けることができます。システムを「ハードワイヤード」インターネットに接続してみてください。インターネットが正常に機能している場合、何をターゲットにするかがわかっているので、それに応じてトラブルシューティングを行うことができます。有線接続も機能しない場合は、システムに問題がある可能性があり、ネットワークの問題をトラブルシューティングするための一般的な手順を実行する必要があります。ただし、それはまれなケースです。ハードワイヤードで接続したときにインターネットが機能すると仮定して、次の手順を試して問題を解決してください。解決策1]インターネットのトラブルシューティングを使用する1] [スタート]ボタンをクリックしてから歯車のような記号をクリックして、[設定]ページを開きます。2]へ移動しアップデートとセキュリティ、その後、トラブルシューティングの左側にあるタブを。3]インターネット接続のトラブルシューティングツールを選択して実行します。4]システムを再起動します。問題が内部競

IE11の「スクリプトが長時間実行されているために応答しない」エラーを修正

Internet Explorer 11バージョンを使用している場合は、この状況に遭遇する可能性があります。Webページをスクロールしているときに、「xxx.comは長い間応答していません。実行中のスクリプトエラー「。このエラーはIE11ブラウザーで非常に一般的であり、一般的な障害が原因で発生するか、スクリプトのデバッグ機能がオンになっている場合に発生する可能性があります。このエラーは、システム上でアクティブなサードパーティのウイルス対策ソフトウェアが原因で表示されることもあります。理由は何でもかまいませんが、このエラーを修正できる効果的な方法がいくつかあります。方法を見てみましょう。方法1:スクリプトのデバッグをオフにする手順1:キーボードのWindows + Rキーを同時に押して、[ファイル名を指定して実行]コマンドを開きます。ここで、検索フィールドにinetcpl.cplと入力し、[ OK]を押します。ステップ2:ではインターネットオプション]ダイアログボックスで、をクリックして高度なタブ。行く[設定]セクション>ブラウズ> [スクリプトのデバッグ(Internet Explorerの)。ここで、[スクリプトデバッグを無効にする(Internet Explorer)]の横のチェックボックスをオンにします。手順3: [スクリプトのデバッグを無効にする]オプションの下に、

この場所に保存する権限がない問題を修正しますWindows10

作業しているユーザーアカウントが1つしかないPCで作業していて、ファイルを目的の場所に保存しようとすると、突然ポップアップウィンドウが表示され、次のようなメッセージが表示されます。「c:\ users \ me \ picturesこの場所に保存する権限がありません。管理者に連絡して許可を取得してください。代わりに、公開画像フォルダに保存しますか?はい、もしくは、いいえ。"また、ドキュメントファイルをMS Wordに保存しようとすると、同じ問題が発生する場合があります。このエラーメッセージはWindows7 / 8/10で非常に頻繁に発生し、ほとんどのユーザーが直面する大きな問題です。人々はインターネット上でこの問題の解決策を絶え間なく探しており、それに取り組むために多くの時間を費やしてきました。しかし、真剣に、あなたがそこに着くことができる多くの助けはありません。解決策を得るためにユーザーがさまざまなウェブサイトで作成したスレッドはたくさんあり、そこで多くの議論を行った後でも、それを解決するための正確な手順を得ることができませんでした。また読む: –このファイルを修正してWindowsにメッセージexeファイルをダウンロードできない修正11.  このエラーをスローするフォルダを右クリックします。2.次に、[プロパティ]を選択します。3. [セキュリティ]タブをクリックします

ビデオTDR障害BSODブルースクリーンオブデスエラー

夢の中で誰も、Windowsシステムに影響を与えるBSOD(ブルースクリーンオブデス)について考えることはできません。これは、遭遇する最も恐ろしいエラーの1つであり、場合によってはシステムの終わりですらあります。そのようなエラーの1つは、Windows10のブルースクリーンエラー「VIDEO_TDR_FAILURE」です。このエラーが表示されると、コンピュータは再起動を続け、毎回エラーメッセージが表示され、コンピュータが正常に起動しなくなります。このエラーの背後にある主な理由は、破損または古いグラフィックカードドライバです。ただし、バックグラウンドで実行されているプログラムが多すぎる場合、または突然の再起動が原因で、このエラーが表示される場合もあります。理由が何であれ、怖いです。幸い、このエラーを取り除くのに役立つ修正がいくつかあります。方法を見てみましょう。*注–以下の方法を続行するには、必ずセーフモードで起動してください。方法1:コマンドプロンプトを使用ステップ1:移動にスタートし、検索ボックス、型でCMD。ステップ2:結果を右クリックし、右クリックメニューから[管理者として実行]を選択します。ステップ3:管理者モードでコマンドプロンプトを開きます。次に、以下のコマンドをコピーして、コマンドプロンプトウィンドウに貼り付けます。ヒット入力してください:powercfg -h offこ

タスクマネージャが終了できないプログラムを強制的に閉じる方法

プロセスまたは実行中のプログラムがフリーズするたびに、タスクマネージャーを起動し、プロセスを見つけて右クリックし、[タスクの終了]を選択してプロセスを強制終了します。プロセスがわかっている限り、それが役に立たない場合もあります。[タスクの終了]をクリックすることはできますが、応答しません。おそらく、システムに与えられた指示は、タスクを強制的に終了するのに十分ではありませんでした。 この問題に対する可能な解決策は次のとおりです。解決策1] ALT + F4を使用する明らかに、それが機能しないことはわかっています。他になぜタスクマネージャーを使用してプロセスを強制終了しようとするのでしょうか。ただし、しばらくしてシステムに息を吹き込み、再試行してください。それが機能する場合、特にそれが冗長なフリーウェアである場合は、プログラムをアンインストールすることを検討するかもしれません。解決策2]コマンドプロンプトの使用コマンドプロンプトのTaskkillコマンドは、タスクマネージャーの[タスクの終了]オプションに似ています。ただし、違いは、システムが低速であっても影響を受けず、このコマンドを「強制」できることです。 1] Windowsの検索バーに「コマンドプロンプト」と入力し、アイコンが表示されたら右クリックして、[管理者として実行]を選択します。 2]次のコマンドを入力します。 Taskkil

サービスホストローカルシステムネットワークが制限され、CPU使用率が高くなる修正

サービスホスト:制限されているローカルシステムネットワークは、Windowsと他の関連サービスの組み合わせです。たとえば、Windowsによる自動更新サービスです。これらのタイプのサービスは通常、システムのメモリ、CPU、およびその他のリソースを大量に消費する傾向があります。しかし、システムのハードディスク領域の90%を消費し始めると、それが問題になります。一部のユーザーは、「サービスホストローカルシステムネットワークが制限されている」ことに遭遇すると、CPU使用率が高くなり、複数のsvchost.exeプロセスが同時に開き、システムの電力が消費されると不満を漏らします。これにより、デバイスが遅くなり、クラッシュする可能性さえあります。プログラムやサービスの不具合、またはシステムファイルの破損が原因である可能性があります。悪意のあるソフトウェアが原因で発生することもあります。ただし、この問題を修正する方法を見つけました。方法を見てみましょう。解決策:Superfetch / SysMainサービスを無効にするSuperfetch / SysMainサービスは、時間の経過とともにシステムパフォーマンスを向上させると考えられていますが、多くのユーザーは、WindowsOSを新たにインストールしてから特定の時間までしか正常に機能しないと感じています。一定の時間が経過すると、システムのパフォー

Windows10のスタートメニュー/タスクバーで右クリックが機能しない問題を修正

マイクロソフトはすべての更新を通じてバグを修正しようとしますが、右クリックでスタートメニューとタスクバーの項目が機能しないことは、さまざまな更新を通じて存続し、多くのWindows10ユーザーを悩ませています。これにも影響を受けている場合は、この問題の実用的な解決策がここにあるため、心配する必要はありません。修正1-(一時的な解決策)ファイルエクスプローラーを再起動しますファイルエクスプローラーを再起動すると、この問題はすぐに修正されます。1.  キーボードからCtrl + Shift + Escを押して、タスクマネージャーを開きます。2. Windowsエクスプローラーを見つけて、再起動します。修正2–レジストリエディタの使用1.Windowsキー+ rを同時に押して、実行コマンドボックスを開きます。2. regeditと記述し、[ OK ]をクリックしてレジストリエディタを開きます。3.レジストリエディタで以下の場所を参照します。HKEY_LOCAL_MACHINE \ SOFTWARE \ Microsoft \ Windows \ CurrentVersion \ ImmersiveShell \ Launcher4.右側を右クリックして、[新規]> [DWORD(32ビット)値]を選択します。5.名前をUseExperienceに変更します6.それをダブルクリ

Windows10で専用のビデオRAMを増やす方法

ビデオRAMまたはグラフィックカードは、間違いなく、PCの全体的なパフォーマンスに影響を与える最も重要なハードウェアコンポーネントです。機能がそれほど多くない標準のグラフィックカードを使用している場合、最新のゲームをプレイしたり、最新のアプリケーションにアクセスしたりできない場合があります。ただし、不十分なRAMで作業すると、システムパフォーマンスの低下、フレームレートの低下、およびその他の同様の問題が発生する可能性があります。グラフィックカード/ビデオRAMのアップグレードはオプションですが、多くの人にとっては高額になる可能性があります。したがって、別の方法を探している場合は、以下の方法を使用してWindows10の専用ビデオRAMを増やすことができます。方法を見てみましょう。解決策:レジストリエディタを使用専用ビデオRAMの増設に進む前に、使用可能な専用VRAMの量を確認してください。使用可能なVRAMを確認するには、次の手順に従います。利用可能な専用VRAMを確認する方法ステップ1:デスクトップの空の領域を右クリックし、右クリックメニューから[表示設定]を選択します。ステップ2: [ディスプレイ設定]ウィンドウで、ペインの右側に移動し、[複数のディスプレイ]セクションで[ディスプレイの詳細設定]をクリックします。ステップ3:次に、[ディスプレイ情報]セクションで、[ディスプレイ1

指定されたモジュールが見つかりませんでしたUSBエラー:Windows 10

指定されたモジュールが見つかりませんでしたは、USBフラッシュドライブに関連する苛立たしいエラーです。これにより、ファイルにアクセスできなくなります。通常、USBドライブをPCに接続しようとしたとき、またはPCを起動したばかりで、USBデバイスがすでに接続されているときにポップアップします。このエラーは、「指定されたモジュールが見つかりませんでした」というエラーメッセージがダイアログボックスに表示されたときに、フラッシュドライブの場所の名前も指定します。PCは不思議な方法で動作し、エラーは多くの可能性の結果である可能性があります。非常に一般的なものの1つは次のとおりです。 マルウェア/ウイルス攻撃 破損したWindowsレジストリファイル USBドライブの不要なファイル 破損したシステムファイル フラッシュドライブの問題 記載されている原因の中で最も危険なのは、マルウェアまたはウイルスの攻撃です。ウイルスまたはマルウェアの侵害は、すべてのセキュリティゲートを開き、コンピュータ上のすべてのファイルに直接到達する可能性があります。マルウェアはプライバシーを著しく損ない、すべての重要なデータを破壊し、複数のエラーや障害を引き起こす可能性があります。修正方法Windows10で「指定されたモジュールが見つかりませんでした」USBエラーこの問題を解決するには、さまざまな方法があります。最初に行う

13 Windows10用のベストToDoリストアプリ

その日の議題を手動で追跡することは、日常的に面倒な場合があります。追跡を忘れたからといって、重要なタスクを見逃してしまうことがあります。Windows用のTo-Doリストアプリは、最近のタスクを常に把握するための優れた方法です。生産性を維持しながら、より良い時間管理のために毎日のタスクを追跡するのに役立ちます。ただし、アプリを選択するときは、要件を知っておく必要があります。わかりやすいインターフェイスを備えたToDoアプリを探している場合でも、色分けやマルチタスカーが付属しているものを探している場合でも、特権があります。オンラインマーケットプレイスで利用できるやることリストはいくつかありますが、そのうちのいくつかは間違いなくワンランク上のものです。これは、選択に役立つWindows用の最高のTo-Doリストアプリのリストです。WunderlistWunderlistは、リストの中で簡単に最高のToDoアプリです。マイクロソフトに買収されなかったにもかかわらず、最高であることが知られていました。生産性を向上させることが知られているこの強力なツールは、VergeとAppleから2年連続で最高のやることリストアプリを受賞しています。このアプリの最大の利点は、無制限のタスク委任やファイルのアップロードなどのプレミアム機能も探している場合を除いて、無料バージョンだけでほぼすべての機能を利用できる

Windows Updateエラー:「潜在的なWindowsUpdateデータベースエラーが検出されました」が修正されました

Windows Updateは、最新の機能、セキュリティパッチ、バグ修正、最新のドライバーなどを使用して、WindowsOSを最新の状態に保つのに役立つサービスです。このサービスは、Windows98以降のすべてのWindowsOSで利用できます。特別な要件はありません。必要なのは、アプリをダウンロードしてインストールするための機能的なオペレーティングシステムとネットワーク接続だけです。ただし、WindowsUpdateには一連の問題があります。多くの場合、バグの影響を受け、ランダムなエラーが発生する可能性があるため、ダウンロードとインストールを続行できません。放置すると、更新が完了せず、システムが遅延に直面し始め、さらには破損する可能性があります。したがって、エラーや問題を修正することが重要です。たとえば、このWindowsUpdateエラー「潜在的なWindowsUpdateデータベースエラーが検出されました」に遭遇することがよくあります。このエラーは、破損したシステムファイルに対してWindows Updateトラブルシューティングを使用しているとき、またはWindowsUpdateがCドライブのWindowsフォルダーに接続できないときにポップアップします。このエラーの原因は他にありませんが、修正できるのは良いことです。方法を見てみましょう。解決策:WindowsUpdateサ

Windows10のWdf01000.sysブルースクリーンエラーを修正

多くのユーザーが、プログラムのインストールまたは実行中にWdf01000.sysブルースクリーンエラーを報告しています。このエラーは、特定のドライバーを読み込もうとしたときにも発生します。原因Wdf01000はWindowsDriver Framework 01000の略で、新しいハードウェアまたはソフトウェアがシステムにインストールされているときに発生します。これにより、この問題の原因となる特定のハードウェアまたはソフトウェアに関連付けられているドライバーの読み込みがトリガーされます。他のほとんどのブルースクリーンエラーとは異なり、これは通常、ユーザーがシステムを起動できるようにします。より複雑な手順に進む前に、次の予備的なトラブルシューティング手順を試してください。1] Windowsの更新:特定の時点ですべてのハードウェアとソフトウェアがWindows 10と互換性があるとは限りませんが、Microsoftは更新の形で修正をプッシュします。2]ドライバーの更新:問題はドライバーにあるため、ドライバーを更新することをお勧めします(特に問題のあるハードウェアまたはソフトウェアの場合)。3]ウイルス対策ソフトウェアを使用して、システムのウイルスとマルウェアをスキャンします。4]ブルースクリーンのトラブルシューティングを実行します。[設定] >> [更新とセキュリティ] &g

Windows10のシャットダウンの問題を修正

コンピューターのシャットダウンの問題に直面していて(ランダムにシャットダウンしている場合や、シャットダウンに時間がかかる場合など)、解決策を探している場合は、これらの修正が確実に役立ちます。この問題は通常、システムの電源設定が間違っているために発生します。設定を変更すると問題が解決します。修正-1詳細な電源設定の調整-リンクの電源状態を「オフ」にすると、この問題は解決します。1.実行ターミナルを起動するには、Windowsキー+ Rを同時に押します。2. [ファイル名を指定して実行のウィンドウ、タイプまたはコピー&ペーストこの実行コマンドをして、ヒット入力します。control.exe powercfg.cpl ,, 33. [電源オプション]ウィンドウを下にスクロールして、[ PCIExpress ]をクリックします。4.次に、「Link StatePowerManage」をクリックして展開します。5.次に、[設定]のドロップダウンをクリックし、リストされたオプションから[オフ]を選択する必要があります。6.次に、「適用」をクリックします。その後、「OK」をクリックします。次に、[電源オプション]ウィンドウを閉じます。これでシャットダウンの問題が修正されるかどうかを確認してください。それ以外の場合は、コンピ

修正:Adobe AcrobatReaderからPDFファイルを印刷できない

一部のWindows10ユーザーは、Adobe AcrobatReaderから直接PDFファイルを印刷する際に問題が発生しています。今、あなたがあなたの側で同じ問題を経験しているならば、心配する必要はありません。通常、この問題の主な理由は、間違ったファイル形式または互換性のないプリンタドライバです。これらの修正に従って、コンピューターでこのエラーを修正してください。ただし、先に進む前に、まず、これらの回避策を実行して、デバイスでいくつかのより簡単なソリューションを試してください。初期の回避策–1.プリンタにあらゆる種類の問題(ハードウェア障害、接続の問題、カートリッジの脱臼など)がないか確認します。プリンターを切断してコンピューターに再接続し、Adobe AcrobatReaderから何かをもう一度印刷してみてください。2.コンピューターを再起動します。再起動後、Adobe AcrobatReaderでファイルを開きます。ドキュメントをもう一度印刷してみてください。3.印刷するときは、管理者アカウントを使用していることを確認してください。使用していない場合は、管理者アカウントでログインして、もう一度印刷してみてください。4.保留中のWindowsアップデートがあるかどうかを確認します。保留中の更新がある場合は、コンピューターを更新します。コンピューターを更新した後、問題が解決したかどう

Windows10の一部のデスクトップアイコンの灰色のX記号の問題を修正

最新バージョンのWindows10のデスクトップ上のアプリ、ファイル、およびフォルダーにある緑色のチェックマークに気づきましたか?アプリ、ファイル、またはフォルダーの緑色のチェックマークは、OneDriveと同期されていることを示しています。ただし、後発の人々は、代わりにファイル、フォルダー、およびアプリの灰色のxに気づいており、心配しています。これは、最新のWindows 10アップデート、Dropbox、ノートンなどが原因で、OneDriveとの同期が何らかの理由で停止したようなものである可能性があります。コンピューターを再起動したり、クリーンブートを実行したり、Steamゲームをアンインストールしたりすることはできますが、灰色のxが戻ってくる可能性があります。それで、今のところ解決策は何ですか?幸いなことに、これにはかなり迅速な修正があり、今のところ、私たちが考えていたはるかに簡単な方法で問題を解決します。方法を見てみましょう。解決策:アプリ/ファイル/フォルダーを更新するステップ1:デスクトップの何もない場所を右クリックして、[更新]をクリックします。または、デスクトップの何もない領域をクリックして、キーボードのF5キーを押すこともできます。出来上がり!そして、灰色のxはapp / file / folderから消えているはずです。

あなたが選ぶことができるトップ10の最高の無料のオープンソースDNSサーバー

無料で公開されている10のベストDNSサーバー:-私たちのほとんどが知っているように、DNSはドメインネームシステムの略です。人間の言語で入力したWebサイトのアドレスを、コンピューター言語としての資格を持つように数値のIPアドレスに変換するのはDNSサーバーの仕事です。コンピューターが理解できる数値のIPアドレスをURLバーに入力するだけで、はるかに簡単になります。それなら人間には理解できないでしょう。このトリッキーな問題の解決策は、DNSサーバーの形で出てきました。 DNSサーバーが人間が読めるWebサイトのURLをコンピューターが理解できるIPアドレスに変換する速度が速いほど、検索結果が速くなります。したがって、実際に使用するDNSサーバーは、ブラウジングエクスペリエンスを向上させる上で主要な役割を果たします。読んで、世界でトップ10のDNSサーバーを見つけてください。これらは公開されており、何よりも無料です。注: WindowsでのDNSサーバーの設定について疑問がある場合は、トピック「Windows10でDNSを簡単に変更する方法」に関する記事を参照してください。1.GoogleパブリックDNSサーバーGoogle Public DNS Serverは、最高のDNSサーバーの1つです。Google Public DNS Serverは、より高速なブラウジング体験を提供します。

周りの無料のwifiにアクセスするためのトップ11の最高の無料wifiハッキングツール

ハッキングとその結果:– ハッキングは、世界中のほぼすべての国で嫌われ、違法であり、違法な目的で行われるべきではありません。注:この記事は教育目的のみであり、独自のネットワークの脆弱性を見つけて修正するために使用する必要があります。いかなる状況においても、これらのプログラムを使用して他のワイヤレスネットワークに違法にアクセスすることはできません。Wifiのハッキング何かをハッキングすることは、脆弱性を見つけてそれを使用してアクセスするという単純なプロセスから始まります。同様に、Wifiプロトコルの中には多くの種類の脆弱性があります。->不十分な構成これらは、ワイヤレスネットワークの構成における失効と抜け穴です。ワイヤレスネットワークは、セットアップ時に、簡単にセットアップできるように独自のデフォルト値と設定があります。多くの場合、この側面に精通していないユーザーは、それについて何も知らなくても、同じデフォルト値/設定を維持する傾向があります。これらのデフォルト値は攻撃者に知られていることが多く、知られていない場合はネットワークを監視することで簡単に利用できるため、これはあらゆる種類の攻撃に対する無料のゲートウェイになります。–>暗号化が不十分これらはセキュリティの失効であり、パスワードまたはデータの暗号化の抜け穴です。これらは、パスワードの選択が不十分であるか、単

Windows 10で欠落しているWindowsストアを修正(解決済み)

MicrosoftのWindowsストアは、すべてのWindowsデバイスにとって非常に便利なアプリです。GoogleのPlayストアやAppleのAppStoreほど成功しない可能性があります。しかし、それはかなりうまく機能します。最近、WindowsユーザーはWindowsストアアプリで問題に直面しています。この問題は、Windows Updateをインストールした後、Windowsストアのアイコンが表示されない場合に発生するようです。ユーザーは、自分のコンピューターでWindowsストアを見つけることができません。通常、これは[スタート]メニューにあります。システムの再起動も役に立ちません。では、これをどのように修正しますか?多くのWindowsユーザーがこの問題の影響を受けています。あなたもその一人なら、もう心配する必要はありません。この記事では、私たちの方法を使用してこの問題を修正するのに役立ちます。メソッドを実行するだけで、すぐにこの問題が発生しなくなります。Windowsストアの最も重要な用途は、アプリを安全にダウンロードできることです。つまり、マルウェアやウイルスはなく、クリーンなアプリのみです。サードパーティからアプリをダウンロードすると、コンピュータが攻撃に対して脆弱になります。それはすべて、Windowsストアの重要性を示しています。問題が修正されるまで、方法を1

修正済み:「高速起動をオンにする」オプションがWindows10の設定にない

デバイスを以前よりも速く起動しますか?次に、WindowsPCの設定で「高速起動をオンにする」という機能を有効にする必要があります。では、この機能はどのように機能しますか?どうやら、この機能を有効にしてデバイスをシャットダウンすると、Windows OSはすべてのシステムデータを現在の状態で保存し、メモリ内のデータを特別なファイルhiberfil.sysに保存  してから、PCをシャットダウンします。その後、デバイスの電源を再度オンにすると、Windowsはhiberfil.sysファイルにのみ保存されているデータを読み取り、シャットダウンされた状態とメモリでオンにします。このプロセスにより、コンピューターは完全にシャットダウンした場合よりもはるかに速く電源を入れることができます。「高速起動をオンにする」機能が有効になっているかどうか、または機能がないかどうかを確認する方法を見てみましょう。解決策:コマンドプロンプトの使用ステップ1: デスクトップの[スタート]ボタンをクリックし、検索フィールドにcmdと

よりスムーズなパフォーマンスのためのWindows10用の14の最高の写真表示アプリ

私たち全員が、保存した写真をときどき見て、楽しい時間を思い出すのが大好きです。Windows 10には、基本的な写真表示エクスペリエンスを提供する独自のフォトビューアーが付属しています。写真をすぐにチェックするのに適したアプリですが、JPEG形式とRAW形式のみをサポートし、それ以外はサポートしていません。また、いくつかの簡単な作業に適したいくつかの基本的な編集オプションが付属しています。ただし、高度な編集オプションを使用して画像をより速く開くアプリが必要な場合は、他の場所を探す必要があります。追加のメリットを得るために代替のフォトビューアをダウンロードすることもできますが、最大限のメリットを得るには、デフォルトのアプリ設定でデフォルトの画像ビューアとして設定する必要があります。ここでは、パフォーマンスをスムーズにするためのWindows10用の最高の写真表示アプリをいくつか紹介します。Windowsフォトビューアーこれは、Windows7または8.1バージョンで提供されるデフォルトのフォトビューアーです。これはWindows10には付属していません。ただし、以前のバージョンからWindows 10にアップグレードした場合でも、元に戻すオプションがある場合があります。エクスプローラーで写真を右クリックし、[プログラムから開く]オプションを選択するだけで、リストの場合はフォトビューアーが

Windows10のNetflixエラーコードU7363-1261-8004B82Eを修正

Netflixは市場を乗っ取ったようで、競合他社をはるかに上回っています。アプリと同じくらい素晴らしいですが、完璧なものはありません。ユーザーはそれに関するエラーを報告しています。Windowsユーザーの既知のエラーの1つは次のとおりです。NetflixエラーコードU7363-1261-8004B82E原因エラーはNetflixに固有のものではなく、Windowsシステムに固有のものです。MicrosoftSilverlightを使用しています。通常のケースは、デフォルトのブラウザが古いバージョンのMicrosoftSilverlightを使用している場合です。もう1つのケースは、Netflixアプリが破損している場合です。それに応じてトラブルシューティングを行います。 次の手順を順番に試してください。 解決策1] Windowsを更新する理想的には、MicrosoftSilverlightはWindowsとともに更新される必要があります。Windowsを更新する方法は次のとおりです。完了したら、システムを再起動します。解決策2] MicrosoftSilverlightを手動でインストールする 保留中のすべてのWindowsUpdateをインストールしたくない場合、またはWindowsを更新しただけではうまくいかなかった場合は、MicrosoftSilverlightをMicroso

USBはWindows10で問題の切断と再接続を続けます

USBデバイスはWindows10デバイスで自動的に切断および再接続されていますか?この状況で何をすべきか疑問に思っている場合は、これ以上心配する必要はありません。最初にこれらの簡単な回避策を試して、簡単な解決策が提供されているかどうかを確認してください。そうでない場合は、主な解決策を選択してください。回避策–1.フラッシュドライブを別のUSBポートに接続してみます。2. PCを使用している場合は、USBをキャビネットの背面にあるポートに接続してみてください。問題がまだ発生しているかどうかを確認します。3.別のデバイスへのUSBドライブを確認できます。フラッシュドライブが他のコンピューターで正常に動作している場合は、これらの修正を行ってください-修正-1USBの電源管理を調整するUSBデバイスが切断および再接続されている理由は、システムから十分な量の電力が供給されていないことが原因である可能性があります。1.Windowsキー+ Xを押して、「デバイスマネージャ」をクリックします

修正-PCのリセットに問題があり、Windows10で変更が行われなかったエラー

次のようなエラーメッセージが表示される場合があります。「PCのリセットで問題が発生しました。変更はありません。コンピュータをリセットしようとすると、「」が表示されます。実際にこのエラーメッセージが表示された場合は、コンピュータでこれらの手順を細かく実行するだけで、問題は非常に簡単に解決されます。修正-1WindowsREを無効にしてから再度有効にする-Windows回復環境を無効にしてから再度有効にすると、ほとんどのユーザーにとってこの問題が解決されます。1.Windowsキー+ Rを押して、実行ウィンドウを起動します。2.ここで、「cmd」と入力し、Ctrl + Shift + Enterを同時に押して、管理者権限でコマンドプロンプトを開きます。3.ターミナルにこの簡単なコマンドを入力して、「Enter」を押す必要があります。試薬/無効コンピュータでWindows回復環境が一時的に無効になっています。4.有効にするにはWindowsのREを、単にコピー&ペーストでこのコマンドプロンプトコマンドをし、ヒット入力します。試薬c / enableコマンドが実行されるまでしばらく待ちます。コマンドプロンプトパネルを閉じます。5.Windowsキー+ Iを押して[設定]を開きます。6.次に、下にスクロールして、[更新とセキュリティ]をクリックします。7.次に、[更新とセキュリティの設定]で、左

セキュリティオプションの準備でスタックするWindows10を修正(解決済み)

マイクロソフトは、リリースするすべてのバージョンとリリースするすべてのアップデートでオペレーティングシステムを改善してきました。ただし、現在のバージョンが完全にはほど遠いことは既知の事実です。ぶら下げや凍結はそれほど頻繁ではありませんが、それでも問題です。システムが回復するのを待つこともあれば、システムをシャットダウンして再起動することを余儀なくされることもあります。そのような場合は、システムが次の画面でスタックする場合です。「セキュリティオプションの準備」進行状況を示す円形のドットが移動を停止する可能性があります。これは、システムがフリーズしたことを意味します。この画面では、マウスもキーボードも使用できません。したがって、システムを強制的にシャットダウンして後で再起動する以外に選択肢はありません。この問題は通常、ロック画面またはログオン画面に表示されるため、ユーザーがシステムにアクセスして問題を解決できない場合があります。この問題を解決するには、セーフモードでシステムに入る必要があります。Windows 10で、[アシスト]ボタン、インストールメディアを使用するか、システムの電源がオンになったらすぐにF11キーを押して、[高度なスタートアップ]オプションを入力します。[スタートアップの詳細オプション]メニューで、[トラブルシューティング] >> [詳細オプション] >

Windows10で欠落しているMfplat.dllを修正

Windows Updateは、Windowsシステムに関する多くの既知の問題を解決することが知られていますが、システムの既存の構造やファイルを混乱させ、新しい問題を引き起こすことがあります。そのようなケースの1つは、次のエラーです。Mfplat.dllがWindows10にありませんこのエラーは、グラフィックを多用するゲームやPLEXなどのアプリケーションをプレイしようとするとポップアップします。.dllファイルはアプリケーションにとって重要であるため、これ以上使用することはできません。原因Mfplat.dllファイルはMediaFeaturePackの一部です。このファイルは、それを使用するアプリケーションによっても

ラップトップがWindows10でシャットダウンしない問題を修正

Windows 10でラップトップがシャットダウンしない問題を修正する方法:-ラップトップがシャットダウンするのを何時間も待つことになりますか?ラップトップが自動的にシャットダウンしないため、ラップトップをシャットダウンするために電源ボタンを長押しする必要があることがよくありますか?電源ボタンを長押ししてラップトップを強制的にシャットダウンすると、ファイルシステムが破損し、多くの問題が発生する可能性があります。さて、あなたは正しい場所にいます。ラップトップがWindows10でシャットダウンしないという問題を解決するための簡単な方法を試してみてください。修正1-高速起動をオフにするステップ1-まず、Windowsアイコンをクリックし、それが展開したら、設定アプリをクリックします。ステップ2–設定アプリが開いたら、[システム]オプションをクリックします。ステップ3– [システム]ウィンドウの左側のペインから[電源とスリープ]オプションを見つけます。次に、右側のウィンドウペインで、[追加の電源設定]というリンクを探してクリックします。ステップ4–電源オプションという名前の別のウィンドウが開きます。以下のスクリーンショットに示すように、左側のウィンドウペインから電源ボタンの機能を選択するというリンクを見つけてクリックする必要があります。ステップ5–開いたウィンドウを下にスクロールすると、シャ

修正システムは、Windows10のこのアプリケーションの問題でスタックベースのバッファのオーバーランを検出しました

特定のプログラムが特定のスタックのバッファに、スタックが割り当てられているメモリよりも多くのデータを書き込むと、メモリ不足のためにスタックベースのバッファがオーバーランし、致命的なエラーが発生します。コンピュータで「システムがこのアプリケーションでスタックベースのバッファのオーバーランを検出しました」というエラーメッセージが表示された場合は、これらの簡単な修正に従うだけで、問題は非常に簡単に解決されます。修正-1BannerStoreキーの名前を変更-BannerStoreキーの名前を変更すると、一部のユーザーの問題が修正されました。次の簡単な手順に従って、コンピューターで試してください-注–レジストリエディタを開き、「ファイル」>「エクスポート」をクリックして安全なバックアップを作成します。問題が発生した場合は、バックアップをインポートするだけでレジストリを取得できます。1.検索ボックスをクリックして、「regedit」と入力します。2.次に、「レジストリエディタ」をクリックする必要があります。3.レジストリエディタウィンドウが開き、この場所に移動する必要があります-HKEY_CURRENT_USER \ Software \ Microsoft \ Windows \ CurrentVersion \ Explorer \4.次に、下にスクロールして「BannerStore」

修正Windows10にはこのデバイスエラーのネットワークプロファイルがありません

スピーカーやプリンターなどの一部のデバイスはシステムのネットワークを使用するため、それらの接続では、特定のネットワークプロファイルがシステム上に存在することが期待されます。システムに必要なネットワークプロファイルがない場合、システムをデバイスに接続しようとすると、ユーザーは次のエラーを受け取ります。Windowsには、このデバイスエラーのネットワークプロファイルがありません。解決策1] PCを検出可能にする1] [スタート]ボタンをクリックしてから、歯車のような記号をクリックして、[設定]ページを開きます。2]ネットワークとインターネットに移動>> WiFi3]ネットワークの名前をクリックします。4]ネットワークプロファイルをプライベートに変更します。5]設定を保存し、システムを再起動します解決策2]互換性を確認する/更新/トラブルシューティング特定のデバイスは、ここで説明しているのと同じネットワークプロファイルの互換性がないため、特定のシステムでは機能しません。デバイスの製造元に問い合わせるか、そのWebサイトで同じ情報を確認してください。1] Windowsの更新: Windows 10は新しいデバイスの設定を認識しない可能性があり、そのような場合、このエラーが発生します。この場合、Windowsを更新すると、問題の修正に役立つ可能性があります。2]ネットワーク接続のト

修正:Windows10で「ファイルが見つかりませんファイル名を確認して再試行してください」エラー

Windows 10は、その多くの機能と絶え間ない改善により、間違いなく世界で最も好まれるOSの1つです。ただし、更新や突然のエラーによる遅延など、非常に面倒な場合もあります。そのようなエラーの1つは、「ファイルが見つかりません。ファイル名を確認して、再試行してください。このエラーは、Windows10デバイスでファイルを開こうとすると常に表示されます。あなたがいくつかの重要な仕事の真っ只中にいるとき、これは本当にイライラすることがあります。これは一般的なエラーであり、多くのユーザーから報告されています。幸い、このエラーには修正があります。この問題を解決する方法を見てみましょう。解決策:Windowsのセキュリティ設定を使用するステップ1:デスクトップの[スタート]ボタンをクリックし、[電源]オプションの上にあるコンテキストメニューから[設定]を選択します。ステップ2:では設定ウィンドウで、をクリックしてアップデート&セキュリティ。ステップ3:次のウィンドウで、左側の[ Windowsセキュリティ]をクリックします。次に、ペインの右側の[保護領域]セクションで、[ウイルスと脅威の保護]をクリックします。ステップ4:ポップアップする次のウィンドウで、[ウイルスと脅威の保護設定]の下にある[設定の管理]をクリックします。手順5:次に表示されるウィンドウで、下にスクロールして[制御されたフォ

Xbox AppServer接続のブロックされた問題修正

Xboxファンの場合は、Windows 10PCでお気に入りのXboxゲームを既にプレイしている可能性があります。マイクロソフトは、Windows10システムでWindows10Xboxストリーミング機能を提供することでそれを可能にします。ゲームストリーミング機能を使用すると、Windows10で実行されている任意のコンピューターのXboxOneコンソールを介して、離れた場所からXboxOneゲームをプレイできます。この機能により、パーティーを作成したり、パーティーに参加したりすることもでき、ゲームに参加している他のプレイヤーとコミュニケーションをとることができます。このゲームは、自宅の快適さだけでなく、ホームネットワークにアクセスできる場所ならどこからでもプレイできます。それは確かに熱心なXboxゲーマーに多くの楽しさと利点を提供しますが、Windows10でXboxアプリサーバーの接続がブロックされる問題で問題を起こすこともあります。このエラーは、Xboxアプリの設定の[ネットワーク]タブに表示されます。実際のエラーメッセージには、「サーバー接続:ブロックされています(これはマルチプレイヤーゲームをプレイする能力に影響を与える可能性があります)」と表示されます。これにより、システムがXboxサーバーに接続できなくなり、マルチプレイヤーゲームをオンラインでプレイできなくなります。良い

トップ20の最高の統計ソフトウェアとツール

ある種のビジネスであろうと学者であろうと、統計はデータ分析を不可欠な側面にする重要な側面の1つです。これは、データ主導の品質プログラムを同時に確保しながら、顧客の期待を理解するのに役立つため、最近すべての企業を忙しくしている新しいトレンドです。企業がデータを整理、分析、解釈するのに役立つさまざまなソフトウェアが現在利用可能です。電卓のようなシンプルなツールであろうと、個々の要件を満たすように設計されたカスタマイズされたソリューションであろうと、統計ソフトウェアはすべてのセクターのブランドの間でますます人気が高まっています。最良の部分は、統計ソフトウェアは、サンプルからのデータを整理するものである詳細な統計と、入力データから結論を引き出す可能性のある統計を分析できることです。このアプリケーションの最大の利点は、ビジネスやプロジェクトに適したファクトベースのデータを提供することです。あなたのビジネスやプロジェクトに役立つ最高の統計ソフトウェアのいくつかを見てみましょう。MaxStat統計を学習するためのカテゴリーで最高のソフトウェアの1つであるMaxStatには、手頃な価格で機能が満載されています。このソフトウェアの助けを借りて、あなたは3つの簡単なステップで統計分析を作成することができます。最良の部分は、それが使いやすく、学生やビジネス編集者にとって特に便利です。価格:学生は39ドル。上

修正Windows10でBluetoothマウスまたはキーボードデバイスを削除できない

ワイヤレスマウスとキーボードをシステムに接続する最も一般的な方法は、Bluetoothを使用することです。ただし、多くのユーザーから、ワイヤレスで接続するとマウスやキーボードを切断できないという問題が報告されています。原因原因は、BluetoothサービスまたはBluetoothドライバーのいずれかに問題がある可能性があります。準備手順1] Bluetoothトラブルシューティングを実行します([設定] >> [更新とセキュリティ] >> [トラブルシューティング] >> [ Bluetoothトラブルシューティング])。2]コンピュータのBluetooth信号の範囲から干渉するワイヤレス/ Bluetoothデバイスを削除します。これは多くのユーザーに役立ちました。次の解決策を1つずつ試してください。修正1-コントロールパネルの使用1.コントロールパネルに移動します。2. [デバイスとプリンター]の表示をクリックします。3.デバイスを右クリックし、[デバイスの削除]をクリックします。コントロールパネルから削除できない場合は、次の手順を実行します。–1.機内モードをオンにします。2. Bluetoothデバイスを設定から切断します(デフォルトデバイスからも削除します)3.デバイスマネージャーを開きます。Windows 10の検索ボックスでデバイスマネ

Windows10でクラスが登録されていないエラー

Windowsは、バージョンとアップデートを同時に行うたびに、欠点の改善に取り組んできました。彼らはフォーラムで提供された一般的なフィードバックを読み、更新のたびにそれを改善し、既知の問題のほとんどにパッチを当てます。しかし、それらの多くは未解決のままですが、いくつかは構築されたものであり、私たちは単にそれらに対処することを学ぶ必要があります。そのような既知の問題の1つは、ユーザーがアプリケーションとファイルエクスプローラーを開こうとしたときに次のエラーが発生した場合です。Windows10でクラスが登録されていないエラー開こうとすると、このエラーが発生するいくつかの注目すべきアプリケーションは、ファイルエクスプローラー、インターネットエクスプローラー、スタートメニューなどです。これらのアプリは重要であるため、この問題により作業が完全に停止する可能性があります。このエラーの背後にある理由は、これらのプログラムのDLLファイルが登録解除されているためです。問題を解決するには、次の解決策を1つずつ試してください。解決策1–DCOMコンポーネントを登録する1] Win + Rを押して、実行ウィンドウを開きます。コマンドdcomcnfgを入力します。Enterキーを押すと、[コンポーネントサービス]ウィンドウが開きます。2] [コンポーネントサービス]ウィンドウで、展開を続け、次のパスに移動し

修正:Windows Updateエラーコード:0x800f0922

一部のWindows10ユーザーは、Windows10デバイスを更新しようとしたときに問題に直面しています。彼らによると、Windows 10 Updateは、コンピューターにエラーコードを表示して停止しています。同じ状況にある場合でも、心配する必要はありません。この記事では、「Windows Updateエラーコード:0x800f0922」について説明します。このエラーの背後にある主な理由は、コンピューターにいくつかの重要なドットネット機能がないことです。ただし、より複雑なソリューションに進む前に、この問題を解決するためにこれらのより簡単な回避策を試すことをお勧めします。初期の回避策–1.コンピューターを再起動します。Windows Updateでは、更新プロセスを完了するために再起動が必要になる場合があります。問題なくデバイスを更新できるかどうかを確認してください。2.コンピューターのインターネット接続が機能しているかどうかを確認します。コンピューターからインターネット接続を切断します。数分待ちます。次に、インターネット接続をコンピューターに接続します。あなたはまだでエラーに直面している場合さて、チェックWindows Updateのか。これらの回避策のいずれかでコンピューターの問題を解決できない場合は、これらの修正を行ってください-修正-1コンピュータのDotNet機能を「オン」

修正:WindowsストアがWindows10でアプリをダウンロードしない問題

コンピューターにWindowsストアアプリケーションを更新/インストールできず、この問題の修正を見つけようとしていますか?この問題に対する答えが「はい」の場合、あなたは正しい場所にいます。この記事のこれらの修正に従うだけで、問題はすぐに解決されます。ただし、先に進む前に、これらの回避策を試して、問題の簡単な解決策を試す必要があります。回避策-1. Storeがアプリケーションをダウンロードしないのが初めての場合は、コンピューターを再起動します。2.インターネット接続が機能しているかどうかを確認します。3.主要なWindowsアップデートが保留中であるかどうかを確認します。これらの回避策のいずれかでコンピューターの問題を解決できない場合は、コンピューターでこれらの修正を試みてください-修正-1コマンドプロンプトでWindowsストアをリセット-コマンドプロンプトでWindowsストアをリセットすると、コンピューターでこの問題が確実に修正されます。1.あなたは、開いたら実行を押してウィンドウをWindowsキー+ R、タイプ「CMDの中で、」ファイル名を指定して実行するウィンドウ。2.ここ

Windows10で「DHCPがイーサネットに対して有効になっていません」エラーを修正する方法

DHCPまたは動的ホスト構成プロトコルは、さまざまなコンピューターネットワークへの特別なIPアドレスの割り当てを自動的かつ迅速に指定および管理します。これは、アドレスの非互換性の問題など、構成のエラーを減らすことを目的としています。つまり、コンピュータはインターネットにアクセスするために独自のIPアドレスを必要とし、DHCPはコンピュータにIPアドレスを自動的に割り当てる役割を果たします。これにより、コンピューターのIPアドレスとDNSを毎回手動で入力する必要がなくなります。そのため、有効にしないと、「DHCPがイーサネットに対して有効になっていない」または「DHCPがWiFiに対して有効になっていない」などのエラーが表示される場合があります。DHCPはどのように無効になっていますか?IPアドレスを手動で追加した場合、またはDHCPクライアントサーバーが実行されていない場合、古いネットワークドライバーが原因で無効になる可能性があります。幸い、これは修正できます。方法を見てみましょう。解決策:コントロールパネルからステップ1:デスクトップの[スタート]ボタンをクリックし、検索ボックスに「コントロールパネル」と入力します。結果をクリックします。ステップ2:ではコントロールパネルウィンドウに選択カテゴリー:別に表示。次に、[ネットワークとインターネット]オプションに移動し、[ネットワークステ

フローチャートを作成するための19の最高の無料ツール

19フローチャートに最適なフリーソフトウェア:–大学のプロジェクトやオフィスのプレゼンテーションで立ち往生していますか?フローチャートが最善の解決策であり、青写真さえ頭に入れていることはご存知ですが、今必要なのは、タスクを効果的に完了するのに役立つ優れたフローチャートソフトウェアだけです。そして、それが無料なら、それのようなものは何もありませんね?フローチャートに不慣れな人のために、それは集合的にプロセスを表す形と記号でいっぱいの図です。フローチャートを使用すると、データの2Dまたは3Dグラフィック画像を介して複雑なプロセスを簡単に説明し、コンテンツと情報の関係を表すことができます。タスクに統計が含まれている場合、フローチャートはそれをさらによく説明できます。また読む: –建築家のためのトップ無料アーキテクチャソフトウェアただし、フローチャートの作成は口で言うほど簡単ではないため、プロセス全体を非常に迅速かつ便利にするソフトウェアが必要です。フローチャートの設計に役立つこのようなツールはオンラインで多数ありますが、すべてが無料であるとは限らず、有料のものはポケットに重い場合があります。参照:  –Windows用のトップ10の最高の無料アニメーションソフトウェアあなたが学生、中小企業の経営者、または上司や面接官に印象を与えたいと考えている人で、強力なフローチャートを設計する必

IE / Chromeでページを表示できないエラーを修正する方法

- :IE / Chromeでエラーが表示されないページ缶を修正する方法で立ち往生してページを表示することができないエラーが?心配しないでください、私たちは助けるためにここにいます。あなたの両方のために、この問題を解決するための記事で与えられたソリューション試してみてのInternet ExplorerとGoogle Chromeを。インターネットエクスプローラ解決策1最初の方法では、拡張保護モード機能を無効にします。これは、Internet Explorer 10で利用できる新機能です。この機能を無効にすると、セキュリティが少し低下しますが、ブラウジングエクスペリエンスが向上する場合があります。最初にこの方法を試してみましょう。ステップ1まず、InternetExplorerを起動します。次に、ウィンドウの右上隅にある歯車のアイコンを見つけてクリックします。展開されたオプションから、インターネットオプションと表示されているオプションをクリックします。ステップ2インターネットオプション用の別のウィンドウが開きます。次に、[詳細設定]タブをクリックする必要があります。ステップ3[詳細設定]タブを下にスクロールして、[拡張保護モードを有効にする]オプションに対応するチェックボックスを見つけます。このチェックボックスをオフにする必要があります。完了したら、[適用]ボタンを押してから[ OK

Windows10で書き込むためにファイルを開く際のエラーを修正

Windows 10にアプリケーションをインストールする方法は2つあります。1つはWindowsストアから、もう1つは製造元のWebサイトからです。後者からアプリケーションをインストールしているときに、ユーザーから次のエラーが報告されました。書き込み用にファイルを開くときにエラーが発生しましたこのエラーは、VLC、Notepad ++、GlassWireなどのアプリケーションのインストール中によく発生します。原因問題は、ソフトウェアの以前のバージョンが完全にアンインストールされていないか、進行中の別のインストールが干渉しているか、選択したバージョンが間違っている可能性があることです。次の解決策を試して、問題を解決してください。1]他のインストールが進行中でないことを確認してください2]ソフトウェアの以前のバージョンまたは同様のバージョンの痕跡を削除します3]ディスククリーンアップ4]ソフトウェアのダウンロード場所を変更します解決策1]他のインストールが進行中でないことを確認しますシステムに複数のプログラムを同時にインストールしようとすると、競合が発生する可能性があります。他のインストールが進行中でないことを確認する最良の方法は、システムを再起動することです。ただし、他のプロセスが再開される場合があります。このような場合は、[再試行]をクリックして、問題が解決するかどうかを確認してくださ

解決済み:SFC / Scannowを使用するには、コンソールセッションを実行している管理者である必要があります

多くの場合、コマンドプロンプトでsfc / scannowコマンドを実行してエラーを確認し、修復しようとすると、次のようなエラーメッセージが表示される場合があります。「SFCユーティリティを使用するには、コンソールセッションを実行している管理者である必要があります。「。コマンドプロンプトでエラーが表示されることがあるため、パニックになることはありません。これはかなり一般的なことです。どのコマンドでもエラーが表示される可能性があり、sfc / scannowも例外ではありません。これにはかなり簡単で迅速な修正があります。これを修正するには、管理者としてコマンドプロンプトを実行する必要があります。この問題を解決する方法を見てみましょう。解決策:管理者権限の使用ステップ1:デスクトップの[スタート]ボタンをクリックし、検索フィールドに「コマンドプロンプト」と入力します。結果を右クリックし、[管理者として実行]を選択して、管理者権限で[コマンドプロンプト]ウィンドウを開きます。ステップ2:ではコマンドプロンプト(管理者モード)ウィンドウは、コマンドの下に実行して、ヒット入力します:sfc / scannowそれで全部です。したがって、管理者モードでコマンドプロンプトを実行するだけで、問題は解決します。これ以上エラーは表示されず、sfc / scannowコマンドを簡単に実行できます。

Windows10で「ソースファイル名がファイルシステムでサポートされているよりも大きい」エラーを修正する方法

ファイルまたはフォルダをコピーまたは削除するときはいつでも、「ソースファイル名がファイルシステムでサポートされているよりも大きいです。」というメッセージで突然エラーが発生する場合があります。この操作を試みる前に、パス名が短い場所に移動するか、名前を短い名前に変更してみてください。なぜこのエラーが表示されるのか不思議に思うかもしれません。その理由は、特定のファイルまたはフォルダーが、長い名前を持つ一連のサブフォルダーの奥深くにあるためです。Microsoftでは、サブフォルダーに255文字を超える文字を使用できません。これが、ファイルの移動、削除、または名前の変更を妨げる理由です。最悪の場合、ファイル/フォルダで何もできず、システムメモリを占有し続けます。ただし、幸い、このエラーは修正できます。方法を見てみましょう。解決策:含まれているフォルダーの名前を変更するステップ1:たとえば、Eドライブにあるビデオファイルの名前を変更したい場合、名前を変更できない場合があります。それを右クリックしても、ファイルの名前を変更するオプションはありません。ステップ2:名前を変更できない理由は、ファイルがドライブの奥深くにあるため、ファイルパスが長すぎてMicrosoftの要件である255文字を超えているためです。ステップ3:ファイルの名前を変更できないため、ここで行う最善の方法は、フォルダー名を短くする

100%動作する方法Windows10で「コンピューターが予期せず再起動した」

「コンピュータが予期せず再起動したか、予期しないエラーが発生しました」というメッセージが表示された場合。…Windowsをインストールするには、インストールまたはアップグレード中に「OK」をクリックしてコンピュータを再起動し、「インストールを再開」します。あなただけではありません。この投稿では、いくつかの作業方法を試して問題を解決しようとします。修正1-レジストリの使用エラー画面が表示されている場合は、これを試してください。1 –画面でShift + F10を押すだけです。黒いコマンドプロンプトウィンドウが画面に表示されます。2 –それにregeditを書き込みます。3 –レジストリエディタウィンドウが表示されたら、左側のメニューを使用して次の場所を参照します。HKEY_LOCAL_MACHINEシステムセットアップ状態ChildCompletion4 –右側でsetup.exeを見つけます。5 –それをダブルクリックします。6 –ここで、値データが3に設定されていることを確認してください。3でない場合は、3に変更します。7 –レジストリエディタを閉じて、最後にコンピュータを再起動します。修正2–スタートアップ/自動修復を実行するインストール中にWindowsが自動的に問題の修復と修正を試みるようにします。起動/自動修復を試すことができます。1 –インストールに使用するWindows1

Windows10で「プリンターにユーザーの介入が必要」を修正する方法

プリンタを使用しているとき、およびドキュメントを印刷しているときに、「プリンタにはユーザーの介入が必要です」または「ユーザーの介入が必要です」というエラーメッセージが表示されることがよくあります。このエラーメッセージは、プリンタの上部ディスプレイパネルまたはダイアログウィンドウ内で点滅する場合があります。どうやら、これはレーザープリンターの問題であり、プリンタージョブが失敗したか、スプーラーが機能しないか、プリンターのドライバーに問題があるために発生する可能性があります。ただし、修正が利用可能であり、非常に簡単なので、心配する必要はありません。このプリンタエラーを解決する方法を見てみましょう。解決策:タスクマネージャーを使用する手順1:タスクバーを右クリックし、コンテキストメニューの[タスクマネージャー]をクリックします。ステップ2:ではタスクマネージャのウィンドウで、をクリックしてサービスのためのタブと見スプーラ。これはPrintSpoolerサービスであり、すでに実行されているはずです。[ステータス]タブで、すでに実行されているかどうかを確認できます。ステップ4:スプーラーサービスを選択し、右クリックして、コンテキストメニューの[再起動]をクリックします。それについてです。これにより、何らかの理由でスタックした可能性のあるPrintSpoolerサービスが更新および再起動されます。

共有メッセージの送信準備中のOutlookエラーを修正

多くのユーザーから、Outlookからカレンダーの招待状を送信しようとすると、次のエラーが発生することが報告されています。共有メッセージの送信準備中にエラーが発生しました「メッセージの共有」とは、カレンダーの招待を指します。このエラーは通常、Outlook 2007、2010、および2016で発生します。注目すべき観察事項は、問題を報告したほとんどのユーザーが、Outlookデスクトップクライアントのメールボックスmappenのオンラインアプリを介して招待メールを送信できたことです。原因問題の背後にある原因は次のとおりです。1]カレンダーアプリとOutlookの間のブリッジとして機能するファイルが破損している可能性があります。2]アドインが問題の原因である可能性があります。3]システム上のカレンダー許可ファイルに問題があります。4]システム時刻が正しくない可能性があります準備段階何よりもまず、メールサーバーのWebアプリケーション(gmail.com、hotmail.comなど)を介してカレンダーの招待状を送信してみてください。Webアプリケーションでも機能しない場合は、システムのトラブルシューティングを行っても意味がありません。同じことについては、電子メールサービスプロバイダーに問い合わせることができます。その後、次の解決策に進みます。1]システムの日付と時刻を確認します2] Off